あわや完全試合 盛岡大附・渡辺の1安打完封で3回戦へ



渡辺翔真

◆思わぬ活躍見せた盛岡大附のエース
 超強力打線で話題となっている盛岡大附。初戦の鹿島学園でもホームランが飛び出しており、その評判は本物であることは既に証明済みだった。2回戦以降も豪快な一発に期待がかかった。

 そこに待ったをかけるのが、沖縄尚学の富山渚だ。沖縄大会を無失点で終えて優勝した。その好調ぶりは甲子園でも発揮され、初戦の阿南光戦は完封勝利を掴んだ。

 超強力打線の盛岡大附を沖縄尚学・當山がどこまで抑えられるか。ここがポイントになるかと思われたが、試合が始まると、盛岡大附渡辺 翔真が存在感を発揮した。

◆8回二死までの大記録
 盛岡大附は、ヒットこそ出せても得点には結びつけられない。3回までは沖縄尚学・當山に軍配が上がる試合展開となった。さすがの好投といったところだったが、それ以上の投球を見せたのが、盛岡大附・渡辺だ。

 3回まで3つの三振を奪うなど、ランナーを1人も出さないピッチングで序盤3回は膠着状態で終わった。

 盛岡大附の渡辺は中盤4回も三振を奪うなど三者凡退に抑えると、打線がここで火を噴く。
 2番・南 早羽己から連打でチャンスを作ると、4番・小針 遼梧がレフトへ運ぶタイムリーで貴重な先取点が盛岡大附に入った。

 その後、もう1点を加えて2対0とリードを広げると、マウンドの渡辺は沖縄尚学6番・大城 稜雅をアウトローへの変化球で空振り三振に斬って取るなど、低めにボールを集める丁寧な投球で、5回まで未だランナーを出さずに後半に入る。

 リードは2点だが、後半に入っても渡辺は変わらず安定感溢れる投球を継続する。7回を終えてもヒット、四死球も出さない完全試合ペースで進む。

 残りアウト6つ。8回も二死まで来たが、6番・大城に初球の真っすぐをはじき返され、完全試合、ノーヒットノーランは逃すことになった。

 しかし、後続を抑えると、打線が6番・新井 流星のホームランでダメ押しの2点で試合を決めた。渡辺は4対0の2戦連続完封で勝利した。