「すり足打法」HR&V打の神戸国際大附・阪上が完投勝利、高川学園・河野「幸せ者」



阪上翔也(神戸国際大附)

◆打ち合いにさせないように

 神戸国際大附は初戦、北海木村 大成から2点しか奪えなかったものの、選抜に比べて打線の破壊力は増しており、スイッチが入れば、大量得点も可能な打線になっている。

 対する高川学園も初戦の小松大谷とは打ち合いを演じ、最後はサヨナラ勝ちで2回戦へ駒を進めた。力のある選手が揃っており、一度火がつくと厄介な打線を持っている。

 どちらもスイッチが入ると爆発する打線があるだけに、両チームの投手陣がどこまでロースコアの展開に持ち込めるかが勝負の分かれ目になっていた。

◆打って投げて試合を制した

 初回、神戸国際大附高川学園1番・山 大輝に三塁打を許しながらも、何とか無失点に切り抜けると、直後の攻撃は先頭の能登原 健生が死球で出塁する。

 2番・山里 宝の送りバントも決まり、良い流れで3番・阪上 翔也に打席が回った。1ボール1ストライクから3球目の変化球を、ポイントを前にしてとらえると、打球がそのままライトスタンドギリギリに飛び込むホームランとなり、神戸国際大附が2点を先取した。

 自らのバットでリードを作った阪上は、140キロ中盤の真っすぐに、スプリットやスライダーといった変化球も巧みに操り、2回と3回はスコアボードに0を並べた。

 このまま完封できそうなペースだったが、5回に8番・山見 拓希、1番・山のタイムリーなどで3点を失って逆転され、一転して追いかける展開となった。

 追いつきたい神戸国際大附打線だが、高川学園河野 颯の制球力の高い投球に、ホームが遠のいた。阪上も5回に一死二塁のチャンスがあったが空振り三振と、苦戦を強いられた。

 そのまま試合は進み、終盤の7回に入った。以前として高川学園が1点リードをしているところで、神戸国際大附は代打・勝木 力輝斗のタイムリーでまずは同点に追いついた。

 なおも二死二塁で3番・阪上の4度目の打席を迎える。ホームラン以降は抑えられたが、この打席は1ボール1ストライクから、上手く対応してレフト前にはじき返す勝ち越し打で試合を決めた。

 阪上は9回まで投げ抜いて3失点完投。高川学園との接戦を制した。