エース山崎琢が工夫の末たどり着いたフォームで完投、ノーサイン野球実らず



佐藤 海(弘前学院聖愛)

◆ノーノー男vs地方大会7本塁打打線

 島根大会の決勝戦で、ノーヒットノーランを達成した山崎琢磨をエースとする石見智翠館。エース・山崎 琢を中心に18年ぶりの夏の1勝を目指し、弘前学院聖愛と対戦する。

 対する弘前学院聖愛は青森大会で7本塁打を記録した打力を武器とする攻撃力高いチームだ。核弾頭の1番・木村 光佑がチームトップの2本塁打と、最初から気の抜けない打線を形成している。攻撃からペースを握って、石見智翠館の山崎 琢を攻略したいところだ。

◆山崎琢が冷静な投球見せる

 石見智翠館の山崎 琢は先頭バッターを打ち取るも、2番・町田 修平にヒットを許し、「久しぶりに」ランナーを出した。すると弘前学院聖愛は、4番・佐藤 海の内野ゴロと5番・長利 斗真のタイムリーで2点を許す苦しい立ち上がりになる。

 ただ打線も3回に4番・上 翔曳の一打で追いつくと、マウンドの山崎 琢は安定した投球を見せる。
 2回以降は四死球を許すことなく、2~5回を3人ずつで攻撃を終わらせ、味方にリズムを与える。

 後半からランナーを背負う場面が増えてきた。8回に2点を加えて4対2で迎えた9回も一死一、二塁から代打・佐藤 雄心にタイムリーを許して1点差に詰め寄られる。

 ただ「タイミングを外すのに有効的だった」というカットボールで最後のバッターをピッチャーゴロの併殺打に仕留めてゲームセット。強力打線を擁する弘前学院聖愛に10本のヒットを許しながらも与四死球1つとリズムの良い山崎 琢の投球で、現在の校名で初めてとなる甲子園での勝利を手にした。