大胆な変更の裏に「準備」あった秋山が完封につなげた、思い背負った大嶋



西田恒河(樟南)

◆三重の打線がどこで機能するか

 三重のチーム打率5割超というのは、今大会No.1の数字である。それゆえに、打ち合いとなれば、三重に分があるのは間違いない。三重としてはどれだけ地方大会で発揮した打線を、1イニングでも早く目覚めさせて、主導権を握れるか。

 対するのは樟南エース・西田 恒河である。ストレートはもちろんだが、カットボールも上手く交ぜながら低めにボールを丁寧に集める投球が光る。好投手として名門・樟南を甲子園まで導いたサウスポーとして、強力打線に立ち向かう。

◆2年生エースの粘りの投球光る

 攻撃力の三重は初回、先頭の森 涼太が三塁打を放ちながらも無得点。さらに直後の守備も二死二塁からレフト・原田 俊輔の好守で無失点だったものの嫌な流れで試合が始まる。

 しかし、2回は攻守を見せた5番・原田が先頭で出ると、6番・品川 侑生の連打でチャンスを広げたところで、7番・宝田 裕椰の犠牲フライで三重に待望の1点が入る。

 リードをもらった三重先発・上山 颯太は、点数をもらった直後の守備を0点に抑えると、ここからはランナーを出しながらも粘りの投球を披露する。

 4回は二死一、三塁から樟南8番・西田をフォークで空振り三振。2点目が入った6回はストレートで押していき、0がスコアボードに並んでいく。

 そのまま9回、7番・山口 大輝にはフォークで追い込むなど変化球を交えながら打ち取り、最後まで1点も与えずにゲームセット。三重の2年生エース・上山の完封で、樟南を下した。