大胆な変更の裏に「準備」あった秋山が完封につなげた、思い背負った大嶋



秋山正雲(二松学舎大附)

◆秋山攻略が勝敗のカギに

 今大会屈指のサウスポーと評価を受けていたプロ注目・秋山 正雲を擁していた二松学舎大附。東東京大会決勝・関東一戦でも見せたような好投が甲子園でも見せることが出来るのか。その上で、打線がどれだけ援護できるかが、二松学舎大附の勝利へのポイントだった。

 対する13年ぶりの夏の甲子園出場の西日本短大附も、エース・大嶋 柊を中心にしながら、激戦区の福岡を勝ち抜いてきた。プロ注目左腕が相手なだけに、大量得点とは考えにくい。

 秋山との投げ合いで、大嶋がどこまで粘れるか。ここがポイントに思われた一戦は、両投手同士の意地のぶつかり合いとなる。

◆再三のピンチで光った渾身の真っすぐ

 二松学舎大附の秋山は初回、西日本短大附を三者凡退に抑えたが、雨の影響もあってか本調子ではない。2回も先頭に四球を出すなど、一死一、二塁とピンチを招く。

 ただここは、7番・今田 塁陽、8番・蓑田 晟大からアウトを重ねて先制点は許さない。

 雨が止み始めた中盤に入ると、本来のピッチングを取り戻し、球速も140キロを超えるボールが増えてきた。エンジンがかかりだしたところで、秋山らしさが出たのが6回だ。

 先頭の江口 翔人に初ヒットを許すなど、一死満塁と再びピンチを招いた。失点は覚悟する場面だが、5番・山口 雄大を142キロのストレートで空振り三振に抑えて二死満塁。そして6番・穴井 秀山も得意のインコースへの真っすぐで空振り三振に斬って取り、ピンチを切り抜けた。

 7回もピンチはあったものの打線が取った2点の援護を秋山がしっかりと守って9回へ。秋山は最終回に入っても140キロを超える速球を投げ込むなど、疲れを感じさせない投球で最後の打者を140キロの真っすぐで空振り三振。9回9奪三振の完封で、チームは2対0で3回戦進出を決めた。