足でも攻めた高松商が打ち勝ち、「らしくなく」ミスに泣いた作新学院



浅野翔吾(高松商)

◆対照的なチーム同士の対決

 4元号での勝利がかかった高松商は、粘り強さを兼ね備えた攻撃力の高さが香川大会で光った。2番に座る2年生スラッガー・浅野 翔吾らを中心に力のある選手が揃い、繋がりだしたら、嫌らしいチームだ。

 対する作新学院は、粘り強く守ることを武器にして、栃木大会で10連覇を達成した。特に3本柱の投手陣を中心に、粘り強く守ってきた。

 攻撃の高松商と守備の作新学院。タイプの違うチーム同士だからこそ、どちらが自分たちの野球を展開できるのか。そこが勝利に近づくところだろう。

◆相手のミスを逃さず主導権を握り続ける

 0対0で迎えた3回、高松商は先頭の徳田 叶夢がヒットで出塁するなど、一死一、三塁とすると、2番・浅野が先制タイムリーを放ち、高松商に先制点が入る。さらに3番・安藤 康城のレフト前に相手のミスでチャンスを広げたところで、4番・藤井 陸斗のファーストゴロで追加点を奪った。

 5回には相手バッテリーのミスや、4番・藤井の2本目のタイムリーで3点を追加して6対1とリードを広げる。

 5点リードをもらった高松商先発・徳田は6回途中で渡辺 和大にバトンタッチをするが、作新学院の8番・渡辺 翔偉の一打で一時同点に追いつかれた。

 それでも8回に先頭バッターが相手のエラーで出るなど二死満塁で、4番・藤井の走者一掃のタイムリーで試合を決めた。

 最後は3番手・坂中 大貴が作新学院の猛追に遭うものの、10対7で勝利して3回戦進出。同時に4元号での甲子園勝利を掴むことになった。