京都国際・森下が得意のスライダー武器に完封、守備で攻めた前橋育英



森下瑠大(京都国際)

◆手に汗握る投手戦に

 夏の甲子園でも優勝経験があり、今大会で5大会連続6度目の出場となる前橋育英。全国クラスのチームである。今年は守備から手堅い攻撃に繋げていく前橋育英らしさだけではなく、群馬大会は桐生第一関東学園大附健大高崎を下して優勝した経験値も武器である。

 対して夏の甲子園は初めてとなる京都国際。初めての甲子園だった今春の選抜に続いての出場と急速に力を付けてきているチームだ。また中川 勇斗を中心に下級生主体の構成となっており、勢いづいたら厄介なチームだ。

 前橋育英としては相手を勢いづかせずに、落ち着いて試合の主導権を握る。京都国際は勢いに乗って前橋育英を慌てさせたい。そうした思惑があるであろう両チームの一戦は、まさに投手戦だった、

◆頼れる扇の要の一発

 試合が動いたのは2回、京都国際の攻撃。先頭で迎えた4番・中川が「追い込まれていましたが、張っていました」というスライダーが真ん中付近に来ると、一振りで捉え、打球はそのままレフトスタンドへ。京都国際が先に点数を奪い、主導権を握った。

 リードをもらったマウンド上の先発エース・森下は、セットポジションからゆったりと足を上げていき、キレのある真っすぐと、大きく曲がるスライダーで前橋育英打線を翻弄する。

 4回に一死一、二塁とピンチを招いたが、7番・外丸を変化球で追い込むと、最後はアウトコースの真っすぐでダブルプレー。同点のピンチを脱して、リードを死守する。

 8回も先頭の1番・横倉 拓実をヒットで出塁させるも、続くバッターにはスライダーでバント失敗を誘い0点に凌ぎ、前橋育英のスコアボードに0が並び続ける。

 そして最後回も先頭をスライダーでライトフライに斬って取るなど三者凡退で抑え、髙橋 光成以来となる2年生投手の1対0での完封勝利。チームに夏の甲子園初勝利をもたらした。