カーブで翻弄、専大松戸エース深沢の「大人の投球」の前に、準Vチーム完敗



深沢 鳳介(専大松戸)

◆総合力を武器とするチーム同士の一戦

 選抜準優勝の明豊が初陣を迎えた。それだけでも1つの注目なのだが、その対戦相手が専大松戸ということもあり、注目度はさらに増した。

 明豊は選抜での戦いを振り返ると、ベンチを含めた総動員で戦う総合力の高さを武器にしてきた。今大会でも変わることなく、18人全員で悲願の頂点を目指す。

 しかし、専大松戸もそれは同じ。選抜で中京大中京に敗れて以来、打線の強化に努めてきた。打線として機能して相手投手を攻略する組織的な攻撃で、関東大会を優勝する。加えて2番手以降の育成として岡本陸を筆頭に投手陣を強化して、千葉大会を制した。

 ともにチーム全員で戦い抜く同じスタイルのチーム同士だけに接戦が予想された。

◆深沢の好投で明豊を破る

 そんな中で迎えた初回、明豊の攻撃をプロ注目の専大松戸先発・深沢 鳳介がランナーを出しても0点に抑えた。

 すると打線が、2番・苅部 力翔の三塁打からチャンスをつかみ、ダブルスチールや相手バッテリーのミスから2点を先取する。

 2点のリードをもらった深沢は3回に自らのミスで一死一、二塁とピンチを招き、明豊打線の1番・阿南 心雄が打席に入った。外中心に攻めて2球で追い込むと、最後は105キロのカーブがアウトローギリギリに収まり、空振り三振に抑えて二死とする。

 そして続く2番・黒木 日向も外角にボールを集めて2ボール2ストライクとしたところで、最後はインハイへ140キロの真っすぐで空振り三振に斬って取る。

 ピンチを脱した深沢を援護すべく、打線は中盤に1点ずつ積み重ねてリードを広げると、終盤にもダメ押しの追加点で明豊を突き放した。

 6点リードで迎えた最終回も深沢はマウンドに登ると、最後の打者を137キロの真っすぐで三振に抑えて勝利を手にした。