東北学院が我慢の打線と伊東の成長で聖地初陣勝利、V候補うならせた



勝利した瞬間に笑顔を見せる伊東大夢(東北学院)※写真=東京スポーツ/アフロ

愛工大名電有利かと思われたが...
 中京大中京など、愛知私学4強のライバル3校全てに勝利して愛知代表を勝ち取った。今大会で優勝出来るだけの選手層の厚さがある愛工大名電に対して、初出場・東北学院が挑むという構図が戦前のイメージだろう。

 だが、試合が始まれば、それが180度、逆となった。

◆終始主導権を握った東北学院が勝利
 東北学院は先発に伊東 大夢を起用する。187センチの長身から140キロを超える速球で3回まで三者凡退に抑える好投を披露する。

 これでリズムを作ると、3回には二死満塁から7番・山田 将生が追い込まれてからしぶとく食らいつき、3点を先制する。さらに5回にも二死二塁から6番・木村 颯汰のタイムリーなどで前半までに5点を先取した。

 リードをもらった東北学院・伊東は、中盤から変化球を交ぜながら愛工大名電打線を抑える。8回に愛工大名電田村 俊介にホームランを許したが、同点まで許さずに、5対3で愛工大名電から勝利を掴んだ。

◆我慢と想像を超える投球
 愛工大名電は140キロを超えるような投手が多数いるなど、強力な投手陣を擁していた。その筆頭格にしてプロ注目右腕・寺嶋、そして先発・田村と主戦投手から5得点を奪う攻撃は、全国区と言ってもいい結果だ。

 その攻撃力の正体は、140キロを超える速球を捉えていくような破壊力ではない。追い込まれてからの粘り、対応力の高さが非常に高かった。

 3回の攻撃、山田のタイムリーから3点が入ってきたイニングだが、この時打ったのは、2ボール2ストライクからの低めのボールだ。このタイムリーに関しては、渡辺監督も試合のターニングポイントに挙げるほどの一打だったが、5回、6番・木村、続く7番・山田はともに1ボール2ストライクからタイムリーを放った。

 寺嶋のボールが失投だったかと言われれば、そうとも言い切れない。打者のタイミングを外して体勢を崩していた。寺嶋としては打ち取ったようにも見えるが、バッター陣は開きを抑えて、ギリギリまで我慢してボールを捉えているように見えた。

 振り返れば、初回から田村に対しても失投でない限り、強引に引っ張ろうとはしていなかった。センターから逆方向へ打とうとしていることが見てとれた。ほんの少しの我慢が、愛工大名電の強力投手陣を崩した。

 そして、味方のリードを守り抜いたエース・伊東の好投も勝利の原動力であることは間違いない。

 初回から142キロを計測するなど、まずはスピードボールで驚かせた。このスピードに負けたことで「攻撃ができなかった要因だと思います」と愛工大名電・倉野監督も話したが、中盤以降で光ったのは変化球だ。

 切れ味鋭いスプリット、スライダー、さらにチェンジアップをストレートと変わらない強い腕の振りで、投じてくる。このボールを愛工大名電も対策してきたそうだが、角度の付いたボールで捉えさせず、なおかつ堅い守備でアウトを重ねてチームにリズムを与えた。

 渡辺監督も最後まで伊東に託すつもりでマウンドに送ったそうだが、その期待に応える好投がチームに甲子園での初勝利をもたらした。