地道な努力で「夏甲子園初勝利」の花咲かせた新田、剛腕・高須は空回り



古和田大耀(新田)

◆ポイントは大型右腕の仕上がり
初日の2試合目に登場した静岡には、プロ注目の大型右腕・髙須 大雅がいる。192センチから繰り出される真っすぐは、全国の舞台でどれだけ通じるのか。

 対する新田は夏の甲子園初出場となり、往年のファンの間では、「ミラクル新田」としても有名なチームだ。プロ注目の大型右腕相手に、その名に恥じぬ野球をすることが出来るか。その攻略に注目が集まった。

◆プロ注目右腕・高須 失投悔やまれる
 立ち上がり、高須は145キロを計測するなど、スピードガンではドラフト候補として申し分ないスピードが出ているといっていい。この試合を通じてもストレートの平均球速は139.63キロと、今大会の注目投手と引けを取らない数字だろう。しかし、ボールが若干浮いていることが懸念されたが、新田はそこを逃さずに牙を向けた。

 2回、先頭の6番・新納 蒼大が出塁するなど、一死一、三塁とすれば、8番・向井 駿貴が真ん中付近に入ってきたスライダーを、体勢を崩しながらも捉えて、先取点をもたらした。

 その後もベルト付近に投じたボールを、新田に次々とはじき返された。すると、6回には9番・山内 欣也に浮いてきたスライダーを打ち返され、2点目を失った。ここで高須は6回途中ながらマウンドを降りてライトに回る悔しい結果になった。

 チームもその後の2得点で追いついたが、再び新田に突き放されて主導権を握ることが出来ず。試合は、新田が4対2で静岡を下して、2回戦進出となった。

新田の積極性が大型右腕を打ち崩した
 エースとして全国での1勝を目指した高須にとっては厳しい結果になった。
 序盤から制球に苦しみ、球数が多くなったことで失投が増えた。それを新田打線が逃さず捉えて、新田が得点を重ねて主導権を握られた。

 こういった打線を前に、マウンドに上がっていた高須にとっては、失投をしていけないという考えが働いてもおかしくない。それが逆に制球で苦しんだところもあるだろう。

 新田の甘いボールを逃さない積極性が、プロ注目の大型右腕の攻略に繋がった。高須が負のスパイラルに陥ってしまったと言ってもいいのではないだろうか。