北信越を代表する古豪と強豪校の対決、敦賀気比が逆転サヨナラで乱戦を制す



初回に3ランを放ち本塁へ向かう敦賀気比・大島君

 北信越大会出場通算54回目で優勝も15回の松商学園。片や、昨秋の優勝校でもあり、2季連続で35回目の出場で優勝も7回という実績を誇る敦賀気比。まさに、北信越を代表する古豪と強豪校の対決という注目の好カードとなった。北信越大会の歴史で言えば第131回大会の決勝カードでもある。

 前日の1回戦では、新潟を5回コールドゲームで退けた敦賀気比。その強力打線は、この日も初回から火を噴いた。

 先頭の東 鉄心君が初球を叩いて左前打すると、続く沼田君はバントファウルなどで追い込まれながらも、右前へ運んで一二塁。前川君がしっかりと送って一死二三塁とすると、4番大島君は初球を捉えて右翼席中段へ運ぶ3ラン。強烈な一打だった。さらに、敦賀気比は上加世田君以下、安打が続いて満塁としたが、ここは何とか松商学園の渡邊君が踏ん張って、併殺でピンチを逃れた。

 ただ、3点のリードはあったが、敦賀気比の竹松君はもう一つ制球が定まり切らず、4回に内野安打後に5連続四球で3押し出しで同点としてしまった。「普通だったら、当然交代なんですけれども、竹松に何とか変わって欲しい、何かを掴んでほしいという思いもあって引っ張った」という東哲平監督だった。しかし、9番吉水君がカウント2ボールからストライクを取りに来たところを狙い打って中前打で逆転。

 この回、やっと一つ目のアウトは8人目の忠地君の放った5点目となった犠飛だった。さらに内野安打で再び満塁となって、2つ目のアウトも10人目となった3番織茂君の中犠飛。なおも攻め続ける松商学園は4番斎藤 優也君も中前へタイムリー打を放ってこの回7点が入る。竹松君はこの回だけで50球を費やし、4回終了時点で球数は101球を数えてしまった。

 松商学園は5回にも高﨑君の二塁打と野選などでさらに1点を追加する。これで、試合のに枯れは完全に松商学園に傾いていったという感じでもあった。