新潟勢同士の準決勝は、新潟明訓が県1位の新潟産大附を下し決勝進出



6回の責任イニングをしっかり投げた新潟明訓・栁下君

 図らずも、新潟県勢同士の対戦となった北信越大会準決勝の第1試合。新潟明訓は県大会3位校ながら、前日は高岡第一に7回コールドゲームで7対0というスコアでスッキリと勝ってきての進出である。新潟産大附は、小松大谷と1点を巡る攻防の試合の末に、何とか競り勝って北信越大会初勝利を挙げて進出してきた。新潟産大附の吉野公浩監督は前日にも、「新潟明訓とは北信越大会でやりたかった」という思いを語っていた。

 新潟産大附の先発は、大会前の登録変更で11番をつけてベンチ入りした新野君。新潟明訓は前日にエース飯濱君が7回を完封したこともあって、予定通り背番号10の栁下君が先発した。お互いに立ち上がりの初回も先頭打者に安打を許したものの、その後は抑えてまずまずの立ち上がりだった。

 しかし2回、新潟明訓打線が新野君を捕まえる。一死一塁から7番高橋君がセンター横に落として二塁打として二三塁。さらに続く小黒君が三遊間を破って三走を帰して先制。続く栁下君は内野ゴロとなり三塁走者は本塁刺殺となったが、1番大滝君以下阿部君、大島君と左打者たちが3連打してこの回一気に4点を奪った。新潟明訓は3回から代っていた吉原君に対しても、大滝君の中前打とバント大島君の中前打で1点を追加する。大滝君はこの日は4安打で出塁すればすべて三塁までは進み、2度得点に絡んでリードオフマンとしての働きを十分に果たしていた。

 何とか早い回に反撃したい新潟産大附は5回、先頭の6番田村君が中前打で出ると、内野ゴロとバント失策などで一三塁とする。ここで、9番に入っていた吉原君の内野ゴロの間に1点を返した。なおも四球と盗塁で二三塁として、難しい打球が出て相手の失策もあってもう1点返した。