新潟産大附が接戦で小松大谷を振り切り、北信越大会初勝利でベスト4進出



小松大谷を8安打2失点で抑えた新潟産大附・仙田君

 新潟県1位校と石川県1位校の対戦だが、ともに、まだ甲子園出場は果たしてはいない。とは言うものの、近年県内では著しく躍進してきている同士である。石川県と新潟県で躍進している新鋭校対決となった。

 小松大谷は2014年夏の石川大会決勝で、常勝星稜に対して9回表まで8対0とリードして初の甲子園をほぼ手中にしながら最後は9対8と大逆転負け。皮肉にも小松大谷は、このまさかの大逆転劇で悲願の甲子園出場を逃したことで、却って有名になった。ただ、小松大谷の素晴らしかったのはその翌年夏、準々決勝で再度まみえた星陵に対して、今度は0対3から逆転勝ちして雪辱を果たしていることである。こうして、小松大谷は県内の強豪校としての存在を十分に示すようになった。

 新潟産大附は学校法人柏専学院を母体として1958(昭和33)年に新潟短期大附として柏崎市に設立された。87年末に大学の校名変更に伴い現校名となっている。野球部としては、2018年夏の第100回記念新潟大会でベスト4に進出さて注目された。近年はスポーツ強化校として県内で各部も実績を上げてきている。今春は県大会1位校として北信越大会に進出した。

 そんな、北信越大会としてはややフレッシュな印象を与える対戦となった。因みに、通算出場回数は新潟産大附は3季ぶり2回目。小松大谷は昨秋に続いての出場で14回目となる。

 新潟産大附は初回、先頭の小林君がいきなり右中間に三塁打すると、一死後、3番中村君の内野ゴロの間に生還して先制する。さらに、4回にも内野ゴロで追加点を挙げて、必ずしも打って取ったという形ではないものの、リードをして主導権を握った。

 しかし、小松大谷もさすがに粘る。その裏すぐに2番中谷君が三塁線を破って二塁打すると、二死となってから、死球後6番池添君が左前打して二塁走者を帰して1点を返す。さらに5回にも、一死から9番吉田 佑久君が左前打で出ると、死球もあって二死一二塁となって3番東出君が左前打して同点とした。