初回に先制した新潟明訓が理想的展開で高岡第一に完封コールド勝ち



7回を投げて、2安打完封の好投だった新潟明訓・飯濱君

 例年ならば、県大会の上位2校と、開催県のみ準決勝進出4校が出場して、12校で争われる春季北信越大会。今年は、新型コロナの影響もあって規模を縮小。開催県の新潟県以外の4県は1位校のみの出場。そして、新潟県のみベスト4以上の4校が出場となり、2会場で開催され8校で争われることになった。
 HARD OFF ECOスタジアム新潟の第1試合は、富山県1位の高岡第一に新潟県3位の新潟明訓が挑むという対戦カードになった。

 先制したのは新潟明訓だった。初回、相手の攻撃をあっさりと三者凡退で退けた新潟明訓はその裏、先頭の大滝君が失策で出ると、バントでわずかなスキを突いて一気に三塁へ進む。これで高岡第一の先発左腕沖田君を動揺させ、四球で一三塁とする。そして、4番加藤君が右中間一番深いところへ運ぶ三塁打で2者を帰した。

 その後は、高岡第一の沖田君と新潟明訓飯濱君との投げ合いでやや膠着気味の展開となった。