享栄が充実ぶりを示して、中京にコールド勝ちで決勝進出



この日は2本の本塁打を放った享栄・田村君は5打点

 練習試合でも、何度か戦っているというお互いに手の内はよく知っている同士の対戦。ともに、夏を見据えて甲子園出場を見据えていくという中で、質の高い相手と公式戦という形で戦うことに、非常に高い価値観を感じている。それだけに、好試合が期待された。

 ところが、そんな予想に反してと言っては何だが、享栄は、3番の彦坂君と5番の吉田君をケガで欠いているという状況ながら、攻守に中京を圧倒する形のコールド勝ちで決勝進出を決めた。

 初回、享栄は先頭の田村 虎治郎君が四球で出ると、二つの四球と暴投で無死一三塁とすると、3番・真鍋君が右犠飛を放って先制。中京の先発加藤君は、やや制球にバラつきがあって、そこを享栄は見極めて丁寧に攻めた。

 4回にも享栄は先発竹山君が四球で出ると9番大石君の中前打で一二塁とするが、竹山君が二塁へ進んだところで大藤敏行監督は、竹山君に代走を送った。竹山君は、ここまで3回を投げていて2四球こそ与えたものの1安打無失点に抑えていた。どうしてここで代走かと思われたが、「左足太腿の肉離れがまだ完治しておらず、二塁への走り方を見たら、ここで無理させてはいけない」という判断で代走を送ったということだった。

 一死一二塁という場面になったが、ここで前日も4打点と活躍した田村君が、右越へ3ランを放って一気に突き放す。97mの右翼席へ運んでいく文句のない一発だった。

 5回から、中京の橋本哲也監督は、加藤君を一塁へ下げて須山君を送り出したが、須山君に対しても、二死三塁から8番西田君の二塁打と続く大石君の三塁線を破る安打で追加点を挙げて再び田村君。今度は右中間へ、またも2ランを放って5打点目。享栄はこの回、四球と真鍋君の二塁打でさらに加点して5点を挙げてビッグイニングとした。