榊原、沢山が好投!愛工大名電破り決勝進出



掛川西・榊原遼太郎君

 雨で日程がズレてしまった東海地区大会。準決勝が23日の日曜日に行われることとなったが、この日は天候は心配のない梅雨の合間の好天気となった。

 前日の試合は延長12回の末に岐阜第一を振り切った愛工大名電と、静岡県2位ながら三重県1位の津商に快勝して進出してきた掛川西との対決。ともに、力のある投手が複数いるということで注目度の高い試合となった。

 初回は、お互いに先頭打者が安打で出るという形だったが、掛川西は盗塁失敗、愛工大名電は併殺という形でいずれも好機とはならなかった。掛川西の榊原君、愛工大名電の2年生の有馬君が共にまずまずの滑り出しで、投手戦になっていくかなとも思われた。

 そんな矢先の2回、掛川西は元々4番も打っていたという7番中山君が、風にも乗った打球でもあったが、左翼へ高く上がった2ランを放って先制。さらに4回にも失策の走者を内野安打と暴投で三塁へ進め、四球もあって満塁から、中山君が今度は左犠飛を放って追加点。

 掛川西は6回にも、一死三塁に二塁打の羽月君を置いて、愛工大名電の5人目野嵜君から沢山君がポテン安打ながら左翼線に落とす二塁打で追加点。そして9回にも、二死二三塁から3番松浦君が右中間へ二塁打してダメ押しとなる2点を加えた。

 そして、大石拓哉監督が、「当初から継投は予定していた通り。調子のいい方が少し長く投げてつなげられればいい」と考えていたが、榊原君が4回を投げて1失点。5回以降5イニングを沢山君が投げて5安打無失点に抑えた。こうして2本柱がしっかり投げた掛川西は、静岡県2位ながら決勝進出を果たした。

 大石監督は、「(コロナ禍の)こんな状況で、県内の公立校は練習はOKなんですが、対外試合は禁止されています。そうした中で、この大会に出させて戴いて、こうして県外の強豪校と試合が出来るということはとてもありがたいし感謝の気持ちしかない。

 いろんなタイプのチームと戦えることで、勉強にもなります」と言う一方で、内野安打を7本も許してしまった守りに関しては、「初めての人工芝ですが、守り易かったとは言っていたのですが、ポジショニングをもっと考えていかないといけないということですね。これは、次への課題ということです」と、修正すべき点もしっかりと確認していた。

 愛工大名電の倉野光生監督は、「今日は、ウチの投手が抑えきれなかったということです。打線も、(毎回の)12安打は出ましたけれども、大事なところでいい攻め方をされて打者もちょっと戸惑い気味のままでした」と振り返っていた。

 それでも、最後に投げた野嵜君に関しては、「県大会では一番防御率がよかったので1番を与えたんだけれども、まだまだ未完成です。その魅力があるんですけれども、夏までにもっと伸びていく」と期待していた。

 愛工大名電としては、夏の戦いへ向けては、左腕田村 俊介君と県大会で1番をつけていた寺嶋 大希君、そしてこの野嵜君と3人を軸としながら、さらにこの日に投げた有馬君や佐藤泰綺君、松下君ら豊富な投手陣で戦っていく考えのようである。

(取材・写真=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。