師弟対決は享栄が後半に力を示して、藤枝明誠を突き離す



3回に本塁打を放ち笑顔で本塁に向かう藤枝明誠・高下君

 球速にして140キロを超える、プロ球界も注目している投手が3人もいるという享栄。投手陣の層の厚さということで言えば、東海地区でも屈指と言っていいであろう。対する静岡県1位の藤枝明誠も左腕小林 輝君と県大会で大きく成長した山田蓮君という左右の二枚看板がおり、投手戦が期待された。

 そして、この対戦のもう一つの注目は、師弟対決ということでもある。藤枝明誠の光岡孝監督は中京大中京出身で、当時の監督はその後に中京大中京を率いて全国制覇も果たす大藤敏行監督である。

 光岡監督は、県大会で優勝しての東海大会進出が決まった時に、「愛知県大会2位の享栄と、何となく当たるのではないかと思っていた」と言う。まさに、その予感が当たったことになった。ところで、高校時代には光岡監督の1年下には、現中京大中京の高橋源一郎監督がいた。

 閑話休題、享栄は肥田君、藤枝明誠は山田君の先発で始まった試合。先制したのは享栄で、初回に田村君の安打からバントと暴投犠飛でまず1点。さらに瀬尾君の二塁打と5番前川君の右前適時打でこの回2点目が入った。

 しかし、藤枝明誠も食い下がった。3回、先頭の9番山田君が安打で出たものの併殺打で一旦はチャンスを潰したかに思えたが、直後に2番高下君が左越ソロを放つ。さらに、西岡君四球後、川瀬君が左越2ランを放って逆転。藤枝明誠はこの回、2本の本塁打で試合をひっくり返した。

 当初から、継投で行くことを前提としていた藤枝明誠。光岡監督は予定より1イニング早く5回から左腕の小林君にスイッチした。小林君はスイスイと連続三振を奪ったが、享栄打線はそこから、白井君、真鍋君、瀬尾君の3連打で1点を返して同点とした。

 こうして、3対3で試合は後半戦に入っていった。