京都国際がコールドで立命館守山を破る



京都国際先発・森下瑠大

 京都国際がコールドで立命館守山を下した。

 京都国際は1回表、二死一、二塁のチャンスを作ると、5番・辻井 心(2年)が右前適時打を放つと、打球を右翼手が後逸する間に一塁走者も生還。初回から2点を先制する。

 対する立命館守山は2回裏、二死満塁から1番・大西温太(2年)の左前適時打で1点を返す。その後も逆転のチャンスが続いたが、京都国際先発の森下 瑠大(2年)が踏ん張り、これ以上の得点を許さない。

 ピンチを凌いだ森下は3回表に左前適時打を放ち、勢いに乗ると、センバツ時より球威の増したストレートやスライダーを軸に三振の山を築いていく。

 京都国際は1番の武田 侑大(2年)が5打席連続出塁で4得点、3番の中川 勇斗(3年)が2安打2打点と主力打者が役割を果たし、4回以降も着実に加点。9安打9得点と効率の良い攻めを見せ、7回コールドで勝ちを収めた。

 「甲子園を経験して、もっと高いレベルを目指していかないといけないと意識が変わったと思います。日頃の取り組みが変わりましたね」とセンバツ後のチームの変化について語る小牧憲継監督。東海大菅生に敗れてから2ヶ月も経っていないが、攻守ともに明らかにパワーアップしており、野球の完成度が高まっているように感じられた。

 その象徴が4番投手の森下だ。この日は7回を投げ切り、10奪三振で1失点の好投を見せた。「足の上げ方をスムーズにしてから真っすぐが良くなったと思います」とストレートの球威が大幅に増し、春の府大会では140キロをマーク。

 さらにセンバツ時は「当てるのが怖かった」と右打者に内角を突くことができなかったが、現在は自信を持って内角に投げることができており、投球の幅が広まった。世代を代表する二刀流として、今後の活躍にも期待が高まる。

 敗れた立命館守山は4失策と守備が乱れた。「どんな相手でもこっちがミスをすると、負けますので、相手がどうこうよりも自分たちのやるべきことができなかった点に尽きると思います」と試合を振り返った秋武祥仁監督。大会前に学校の事情で2日間の休校を余儀なくされ、調整面で苦戦を強いられた。万全の状態で戦えなかったのが悔やまれるが、この負けを良い教訓にしてほしい。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。