大阪桐蔭が綾羽を振り切る



大阪桐蔭先発の川原嗣貴

 序盤のリードを守り切った大阪桐蔭が滋賀1位の綾羽を下した。

 大阪桐蔭の先発を任されたのは2年生の川原 嗣貴。今年のセンバツではベンチ外だったが、先週の大阪大会決勝では先発して、7回無失点の好投を見せている伸び盛りの投手だ。

 西谷浩一監督は「経験を積ませたかった」と大事な初戦の先発に抜擢。「持ち味である真っすぐが走らなくて、どうしても変化球に頼ってしまう面がありました」と話しながらも変化球主体で3回まで一人も走者も出さない完璧な立ち上がりを見せる。

 援護したい打線は2回裏、先頭の4番・花田 旭(3年)がセンターへの三塁打で出塁すると、続く5番・前田 健伸(3年)が中前適時打を放ち、先制点を挙げる。さらにその後、一死二、三塁のチャンスを作ると、8番・石川 雄大(3年)が三塁への適時内野安打で1点を追加。続く9番・川原も一死二、三塁からスクイズを決め、リードを3点に広げた。

 大阪桐蔭は3回裏にも二死一、三塁から6番・松尾 汐恩(2年)が左中間に2点適時二塁打を放つと、続く7番・野間 翔一郎(3年)の右前適時打で1点を加え、前半から大量リードを奪うことに成功した。

 何とか見せ場を作りたい綾羽は4回表、先頭の1番・中島陸尊(3年)がチーム初安打となる中前安打で出塁すると、続く2番・上村匠(3年)も左前安打を放ち、無死一、二塁とする。このチャンスで3番・金城颯把(3年)が中前適時打を放ち、二塁走者の中島が生還。綾羽が1点を返した。

 綾羽は4回裏に1点を失うが、5回から登板した野村亮輔(2年)が力のあるストレートを軸に好投を見せ、チームに流れを呼び込む。すると6回表、無死満塁から代打・村上憲伸(3年)の併殺の間に1点を返し、5点差に迫る。

 試合は7対2と大阪桐蔭リードのまま最終回へ。9回表、綾羽は2本の安打と失策で無死満塁のチャンスを作ると、途中出場の9番・毛利広大(3年)が押し出しとなる四球を選ぶと、一死満塁から上村の中犠飛でさらに1点を返す。その後、暴投で2点差となり、二死三塁とチャンスが続いたが、最後は金城が三振に倒れてゲームセット。大阪桐蔭が辛くも逃げ切った。

 「途中から点を取れませんでしたので、その辺は反省したいと思います。まだまだ力が足りないので、何とか土曜日(準決勝)に向けて準備したいと思います」と語った西谷監督。勝利にも満足した様子をなさそうだ。

 先発した川原は6回2失点で9奪三振の好投。身長188㎝と上背があり、伸びしろはまだまだありそうだ。「夏に向けて先発の柱として、チームの勝利に導けるピッチャーになりたいです」と意気込んでおり、夏も間違いなく戦力として計算できる。松浦 慶斗関戸 康介竹中 勇登と実績ある3年生の間に割って入る存在になれるだろうか。

 敗れた綾羽だが、後半の粘りは見事だった。甲子園出場経験がない中で、全国トップクラスのチームと対戦できたのは貴重な経験となったはず。この試合で得た収穫と反省を夏に繋げてほしい。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。