深沢、岡本に続く第3の男・中舘宙の好投!専大松戸が初の関東王者に輝く!



優勝した専大松戸の記念撮影

 選抜出場・専大松戸と関東大会で2度のサヨナラ勝ちなどしてきた関東一。互いに練習試合をする関係である両校によって、関東大会の決勝戦が行われた。

 試合は序盤から動いた。専大松戸関東一の守備の乱れから先制点を奪うと、5番・山口 颯大のタイムリーと、6番・横山 瑛太の犠牲フライで2点を追加。3対0と試合の主導権を握った。

 3点のリードをもらった専大松戸先発・中舘宙は関東一打線を打たせて取る安定した投球。リードをがっちりと守り、専大松戸優勢のまま試合が進んでいく。

 3回、5回と追加点を挙げて6対0とした専大松戸は、7回にも関東一のミスから追加点を奪って7対0とダメ押しに成功。これで決まったかのように思われたが、関東一は8回に8番・石見 陸のホームランで反撃ののろしを上げる。

 すると9回、3番・初谷 健心の三塁打を皮切りに勢いが生まれ、1番・染谷 真ノ介のタイムリーなど一挙5得点。1点差まで詰め寄る猛追を見せたが、あと一歩届かず。専大松戸2番手・岡本 陸が何とか試合を締めて、専大松戸が7対6で関東一を下して、関東大会初優勝を飾った。