専大松戸がサヨナラで決勝へ!投打で選抜からの成長を示す!



サヨナラ勝ちに歓喜する専大松戸ナイン 

 専大松戸桐光学園による準決勝は、延長戦にもつれる接戦の末に専大松戸がサヨナラで決勝進出を決めた。

 4回まで専大松戸岡本 陸桐光学園・澁澤 康羽の2人が好投。スコアボードに0が並ぶ投手戦が展開される。しかし5回、桐光学園が先頭の山口 龍一が四球で出塁するなど、二死一、二塁のチャンスを作ったところで、桐光学園2番・篁 哲郎の打球を専大松戸がエラー。思わぬ形で均衡が崩れた。

 さらに7回には2番・篁がセンターへ二塁打を放ち、桐光学園がリードを2点に広げるなど中押しに成功したかのように思われた。

 だが、専大松戸が直後の攻撃で1点を返すと、流れが変わりだした。

 8回に専大松戸は一死から2番・吉岡 道泰の二塁打でチャンスを作ると、3番・大森 駿太朗のタイムリーで同点。

 試合を振りだしに戻すと、専大松戸が勢いそのままに、9回は2番・吉岡がヒットを放って再びチャンスを演出。4番・奥田 和尉にもヒットが飛び出すなど一死一、三塁からサヨナラの場面を作ると、「岡本が限界だったので、確実に点数を獲りたかった」という持丸監督の思惑から、5番・山口 颯大にスクイズを指示。これを山口がきっちり決めて専大松戸がサヨナラ勝ちを掴んだ。