初優勝に王手!好投手集団・関東一のサイドハンド・鈴木義信が好投!



サヨナラ勝ちを収めた関東一

 選抜出場の常総学院関東一による準決勝は、最後までもつれた末に関東一が5対4で競り勝った。

 初回、関東一は二死から3番・初谷 健心の二塁打でチャンスを作ると、4番・津原 璃羽のタイムリーで関東一が先制に成功。その後はなかなか点数が入らずに膠着状態が続いたが、6回に関東一が5番・楠原 悠太の追加点となるタイムリーで2対0と常総学院を突き放した。

 追いつきたい常総学院は7回に関東一先発・鈴木 義信を攻め立てて一死一、二塁とすると、関東一の守備が乱れて1点を返す。さらに2番手・市川 祐からは9番・大川 慈英がタイムリーを放つなど、この回だけで常総学院が4点を入れて勝ち越しに成功した。

 試合はその後、関東一が7回に8番・立花 大地のホームランで2点。常総学院は8回に4番・田邊 広大のタイムリーで1点を追加して、常総学院が5対4でリードをしていた。

 迎えた9回、関東一は代打・富岡 大阿のヒットなどでサヨナラの場面を作ると、二死一、二塁から1番・染谷 真ノ介がセンターへサヨナラ打を放ち、勝負あり。関東一が6対5のサヨナラで初勝利へ王手をかけた。