専大松戸がベスト4進出!持ち味を存分に発揮したハイレベルな一戦を制す



2番手・深沢 鳳介(専大松戸)

 浦和学院vs専大松戸の一戦は専大松戸の攻撃力、投手力の高さ、浦和学院の対応力の高さが垣間見えるハイレベルな熱戦となった。

 専大松戸の先発は最速144キロ右腕の岡本 陸。縦回転を利かしたオーバーハンドから繰り出す直球は常時130キロ〜136キロ(最速140キロ)程度の直球、カーブ、チェンジアップ、スライダーを投げ分ける投球構成。緩急を効かせた投球は低めに集まり、2回まで無失点。しかしところどころで高めに浮くボールも多く、1対0で迎えた3回表、5番三奈木亜星にセンター前の2点適時打を浴び、逆転を許す。

 しかし専大松戸打線は好左腕・宮城 誇南が投じる直球、スライダーヲしっかりと見極め、3回裏に集中打。5番山口 颯大の適時打、6番横山瑛太が右中間真っ二つの三塁打で、逆転に成功し、2回戦で不振だった吉岡が「監督さんからは技術的なアドバイスも受けたのですが余計な事は考えず、シンプルな気持ちで打席に向かいました」と強く振り抜いた打球は強烈な右前適時打で5対2へ。吉岡らしい思い切りの良い打撃スタイルだった。

 5回表に三奈木の二打席連続適時打で5対3と2点差に迫られるが、5回裏、2年生捕手の加藤 大悟が高めに浮いた変化球を払うように打ち返し、打った瞬間、本塁打と確信できる角度で打球が飛ぶ3ランで、8対3へ点差を広げる。加藤は1年秋に打撃不振に悩んでいたが、コーチの指摘から体が突っ込み気味だったフォームを修正し、軸回転で打つことを心がけた。

 結果的にこの本塁打は高めの変化球をひきつけて打つことができた。185センチ79キロの大型捕手。スローイングタイムは2.00秒台だが、軽々と1.9秒台を叩き出すようになると、ドラフト候補として注目できるだろう。

 6回表、無死一、二塁の場面から深沢 鳳介が登板。三振ゲッツー。三振で凌ぐまでは良かったが、7回表には藤井 一輝の2点適時打で2点を失う。浦和学院打線は深沢のスライダー、ツーシーム、ストレートにきっちりと対応し、鋭い打球を放つ。対戦した感想として深沢は「抑えるのが本当に大変なチームでした」と振り返る。

 その中で良かったのは90キロ台に落としたスローカーブだ。8回表も連打からピンチを招くが、途中出場の尾崎 亘、3番松嶋 晃希をゆるい変化球で連続三振。右サイドながら縦系のカーブを使えるのはフォームに秘密がある。初戦の駿台甲府戦と比べると肘の位置が高く、いわゆる肘が立ったフォームとなっている。

 特に写真で撮影してみると、その違いがはっきり分かる。深沢は2回戦終了後、持丸監督からリリース時に手首が寝ていることを指摘され、手首を立たせることを意識したという。結果としてストレートは常時130キロ後半〜142キロを計測。平均球速は137.04キロで、140キロ以上は6球あり、深沢自身も「ストレートは前回より走っていましたし、センバツに次ぐ速球の勢いだったと思います」と振り返る。

 結果、4回を投げて、5奪三振、2失点と完成度の高い投球で見事に浦和学院を振り抜き、準決勝進出を決めた。