選抜からの経験生かした常総学院が花咲徳栄との打撃戦制す!



4番キャッチャー・田邊 広大(常総学院)

 常総学院vs花咲徳栄の関東の名門校同士の対戦

 花咲徳栄は大会4日目で3試合目。疲労の状態が色濃く出ているのが感じられ、また常総学院はエース・大川 慈英がベンチスタートで、秋本 璃空がベンチ外。この2人以外の投手陣は紅白戦や練習試合を見ていると、どうしても花咲徳栄相手には苦しい。主将・田邉 広大は「この試合は打ち勝つぞ!と監督さん(島田 直也監督)からいわれていたので、なんとしても打ち崩したい思いがありました」

 試合は打撃戦となった。

 まず1回表、花咲徳栄常総学院の先発・石川 大翔を捉え、一死満塁から5番味谷 大誠の2点二塁打、さらに犠飛で3点を先制。しかし花咲徳栄の先発はここまで149球を投げている松田 和真は140キロ台のストレートは影を潜め、4番田邊 広大、5番柴田 将太郎、6番宮原 一騎の3者連続適時打ですぐさま同点。松田は1回で降板。2回裏から金子 翔柾が登板。金子は2番伊藤 琢磨の適時打で勝ち越し。さらに4回裏には、一死満塁から3番三輪 拓未が左超え二塁打、4番田邉の犠飛で7対3と突き放した。

 しかし5回表、花咲徳栄も5番澤口 滉の適時打、6番加藤 大地の適時二塁打、さらに2番飛川 征陽の走者一掃の適時二塁打で8対7と試合をひっくり返す。

 常総学院は7回裏に反撃開始。連打でチャンスを作り、3番手の堀越 啓太がマウンドに登る。一死一、三塁の場面でワイルドピッチ、二死満塁から途中出場の加藤 颯の2点適時打で10対8と試合をひっくり返す。