「経験の場」で躍動。関東一投手陣が示したポテンシャルの高さ



先発・小島慧斗(関東一)

 日本航空関東一の一戦。関東一の米澤監督は関東大会を「経験の場」と語り、多くの選手を起用することを示唆していた。日本航空戦に先発したのが、小島 慧斗(3年)だ。184センチ86キロとエースの市川 祐にひけをとらない体格をした本格派右腕だ。

 実にバランスの良いフォームで、左腕の使い方、コンパクトなテークバック、体重移動ともに非凡なものを感じる。球場内のスピードガンでは、最速140キロだが、手元のスピードガンでは常時135キロ〜140キロ(最速142キロ)と、たびたび140キロを計測しており、ストレートの球威自体は市川と同等のレベルにある。120キロ中盤のスライダーのキレも良い。

 ただ高めに浮くのはあるが、それを補うほどの威力がある。4回表にチームのミスから1点を失ったが、ポテンシャルは十分で、夏まで戦力に慣れば大きいだろう。課題としては投球の駆け引きだろう。

 中学時代は投手だったが、外野手としてプレーしていた。投手の練習は最近初めてたばかりで、直近の練習試合で短いイニングを投げただけ。米澤監督はそれが課題なのは承知な上で経験をさせた。ポテンシャルは素晴らしいものがあるだけに、夏まで長いイニングを投げられる投球センスを身に着けておきたいところ。

 日本航空は秋から主力投手だった小沢 耕介が登板。細身で振り下ろすストレートは常時120キロ後半〜130キロ前半(球場内の最速は135キロ)のストレートとスライダーを武器に勝負する本格派左腕。しかし、制球がまとまらず、1回裏、楠原裕太に適時打を打たれ、同点した4回裏、石見 陸に適時打を打たれ勝ち越しを許す。まだ制球力はまとまらず、振りなカウントになりやすく、ピッチングのリズムも悪くなりやすい。実戦力の部分で大きな課題はあるだろう。とはいえ、力量としては大型左腕・ヴァデルナ フェルガスに匹敵するものがあり、日本航空首脳陣も小澤、ヴァデルナを軸に考えているようだ。