144キロ右腕・市川祐と通算58本塁打の有薗直輝の対決は互いに見せ場を創る好ゲームに!



有薗直輝(千葉学芸)と市川祐(関東一)

 東京2位の関東一が初優勝の千葉学芸に逆転サヨナラ勝ちし、準々決勝進出を決めた。

 関東一のプロ注目の最速144キロ右腕・市川 祐千葉学芸の高校通算58本塁打のスラッガー・有薗 直輝の対決はとても見応えがあった。

 東東京を代表する右腕・市川。東京都大会の投球はあまり芳しいものではないと聞いた。ただ、関東大会の投球は昨秋よりもしっかりとレベルアップしているのが分かる投球内容だった。手元のスピードガンでは、常時135キロ〜142キロを計測。また9回を投げ通すことを意識し、130キロ前半の速球で交えながら打たせて取る投球を意識。今年からツーシームを投げ始めたが、曲がりが不安定だったため、ツーシームを封印。スライダー、カーブを中心に投げ分けることを意識した。

 まだ本調子ではないようだが、都大会時よりはストレートが走っているのは確かなようだ。また、投球フォームにも影響が見られた。癖など様々なことを考慮し、ワインドアップからセットポジション。さらにその時のグラブの位置も変更。最も気になったのが、踏み出した左足を突っ張る時間を長くとって、投げることだ。これは都大会開幕前へ向けて配信した東京都逸材動画で市川のフォームをチェックした時に本人に聞こうと考えていたことだった。市川はこの意図について、
「突っ張る動作については監督さんからのアドバイスなのですが、この動作を利用しながら、より強くリリースできる。もうひと押しできることを心がけています。しっかりとハマった時は空振りを奪える確率が高まります」
 この試合は、ハマったリリースはできていないが、エラーによる失点を含め2失点(自責点1)、103球、1四球、4奪三振と抜群の安定感を発揮。

 大会前の練習試合で、霞ヶ浦と対戦し、6回8奪三振を記録するなど、一歩ずつ前進しているのが伺える。近年の関東一の投手陣ではスケールの大きさ、テクニック、メンタルの安定感を兼ね備えた一級品の素材であり、さらなる一伸びを期待してドラフト候補として継続的にマークする球団もあるだろう。

ただその市川は「力で押して行ったつもりでしたが、しっかりと捉えられた」と驚かせたのが有薗だ。