ビッグプレー連発の阿南心雄は元ショート。名手誕生は地道なノックから



明豊1番・阿南 心雄

 決勝の切符をかけた明豊中京大中京の一戦は、中盤の明豊の集中打が勝敗を分けた。

 0対0の4回に、明豊は4番・竹下 聖人が出塁すると、一死満塁から7番・塘原 俊平の犠牲フライで先制。さらに8番・太田 虎次朗から1番・阿南 心雄までの3連打で一気に5点を奪った。

 5対0とリードをもらった明豊先発・太田が6回途中まで3失点にまとめる好投。その後、2番手のエース・京本 眞がしっかりと抑える。9回に中京大中京6番・加藤 優翔と7番・櫛田 理貴の連打でピンチを招き1点を失ったものの、同点までは許さずに明豊が5対4で中京大中京を下した。

 「打たれたときは正直抜けたと思いました」

 中京大中京戦の先発マウンドに上がった太田 虎次朗だが、初回に二死二、三塁とピンチを招いていた。打席の5番・辻 一汰に捉えられた打球は前進気味だったレフト後方へ。ぐんぐん伸びていき、タイムリーになるかと思われたが、レフト・阿南 心雄が懸命に追いかけてグラブに収めた。

 「下がり方とかは関係なく、とにかく捕ることだけを考えて打球を追いかけていました」

 智辯学園との準々決勝でも、終盤にフェンスに直撃しながらも打球を掴みチームの勝利に貢献した阿南が、この試合でも守備で勝利に貢献した。また打ってもこの試合では1番に座り、4打数2安打1打点とリードオフマンの役割を十分に果たした。

 そんな阿南だが、新チーム結成時まではショート。現在のチームが始まってから外野へコンバートされた。これまで外野守備の経験がなかった阿南は、初めての外野に苦労を苦労を強いられていた。
 「ゴロに関しては内野の方が難しいですが、フライは打球が高く上がりますし、風の影響もあるので、難しいです」

 それでもコーチにノックを打ってもらいながら外野守備の基本を最初から教わり、阿南なりに考えながら練習に取り組んでレベルアップを図ってきた。昨日の休養日も外野守備の練習で、左打者の打球を捕球する練習をするなど、準備をしてきた。

 そして今日の中京大中京戦、左打ちの辻の打球が阿南のところに飛んできた。「風もあって、左から右へスライスしていましたが、前日に練習をやっていたので捕れました」と最後は転びながらになったがグラブの中にボールをおさめ、ピンチを救った。

 今年は日ごろの守備練習から『執念』という言葉が飛び交うなど、高い意識をもって練習に打ち込んできた。その成果の一環が阿南のビックプレーであり、明豊の選抜4試合通じて無失策と言う記録にも繋がっているのではないだろうか。

 決勝では東海大相模と激突する。ここまで勝負所で見せてきた『執念』で明豊は悲願の日本一を掴めるか。歴史を変える一戦での阿南の活躍に注目したい。

(取材=編集部)