智辯学園破り2年ぶり4強!ベンチ入り総動員の明豊野球の強みとは



幸修也(明豊)

 次第に日も傾き始めた準々決勝3試合目は明豊智辯学園の一戦。この試合でも、ここまでの準々決勝2試合と同様に、序盤の攻防で先手を取った明豊に流れが傾く形になった。

 初回、明豊は1番・幸 修也主将が先頭打者ホームランを放ちチームに勢いを与えると、3回には2番・阿南 心雄と4番・黒木 日向にタイムリーが飛び出し、3対0と序盤は明豊ペースで試合が進んだ。

 5回にも明豊4番・黒木の2本目のタイムリーで中押しに成功。5回と6回に智辯学園に点数を与え点差を縮められたが、8回にはダメ押しとなる追加点を奪った明豊。最後は7回から登板していたクローザー・財原 光優が智辯学園の反撃を抑えてゲームセット。6対4で明豊智辯学園を下した。

 ベンチにいるメンバーを含めて総動員で智辯学園を倒した明豊。「練習試合や秋の大会でもこういったことはありますし、選手それぞれ準備はできています」と主将の幸 修也は話す。この試合、明豊はピッチャーの継投はもちろん、守備固めに代打要因など様々な形で選手たちが途中で出場し、結果を残した。

 さらに言えば、この試合のスタメンはメンバーこそこれまでと同じだが、打順は変更されていた。3試合を振り返っても打順まで全く同じ形のオーダーはないのが明豊の特徴でもある。こういった選手起用はあまりないことだが、この試合に限って言えば川崎監督はどういった狙いをもってオーダーを組んだのだろうか。

 「相手の先発が西村(王雅)くんで来ることを想定したうえで、どうすれば打線がつながるのか。それを考えたうえで、選手たちの調子を見極めて考えた末がこのオーダーでした」

 投手の継投に関しても「相手打者の目先を変えたい」と明確な意図や目的をもち、選手たちをきちんと見たうえで継投策を講じていく川崎監督。多くのチームがある程度の選手起用やオーダーの中で必勝パターンというものがあってもおかしくない。しかし川崎監督はそういったことをなぜ気にせずに次々と選手を交代させていくのか。

 「明豊の野球は繋ぐ野球なので、それを考えた末にオーダーを決めるようにしています。うちには4番らしい4番や、中軸を固定するような選手がいないので、あまりこだわりをもっていないんです」

 そうした中で、この一戦では1番に主将の幸を抜擢し、先頭打者ホームランで起用に応えた。「あれでいけるんじゃないかと、チームに勇気を与えて攻撃が上手くいった」と川崎監督も主将の一発を称賛。勢いそのままに、「これ以上ないくらいの前半の入りだった」と川崎監督も手ごたえ十分の試合展開で智辯学園から主導権を握り、追い上げから逃げ切る形になった。

 準決勝に向けて、「相手は強豪ですが、1点と勝利にこだわって勝ちを掴みたい」と幸主将は語った。幸主将をはじめ今の最高学年は2年前の選抜4強をスタンドで見守った。その先輩たちを超えることが出来るか。執念で磨いた守備を武器に中京大中京に挑む。

(取材=編集部)