戻ってきた強打の東海大相模。カギになった『繋がる』意識



門馬功(東海大相模)

 石田 隼都を擁する東海大相模毛利 海大を擁する福岡大大濠と今大会屈指の左腕同士が対戦。天理の待つ準決勝をかけた一戦は序盤の攻防が大きな分かれ目だった。

 先攻の東海大相模は初回に3番・小島 大河と5番・百瀬 和真のタイムリーでリードを奪うと、2回には1番・門馬 功にホームランが飛び出すなど4点を追加して主導権を握った。

 このリードを東海大相模先発・石田 隼都は安定感抜群の投球できっちりと守り、福岡大大濠に反撃の隙を与えず。7対0の8回には2番・綛田 小瑛のダメ押しの犠牲フライで8対0とした東海大相模が準決勝の切符を掴んだ。

 ここ2試合は東海大相模らしい強打は影を潜めていた。ここまでは投手陣の安定感を武器にベスト8まで勝ち進んだが、準々決勝で遂に打線が結果を残した。福岡大大濠から14安打8得点と本来の打線の調子を取り戻したといっていい結果でベスト4進出をたぐり寄せた。

 「1、2回戦とロースコアの展開で投手が踏ん張ってくれていたので、野手でもっと頑張れればと思っていました」(綛田)

 「ここまではロースコアの試合展開で投手が助けてくれましたが、あまり考え過ぎずに割り切ってやるようにしました」(門馬)

 調子の良し悪しを考えすぎずに、ここまで好投を見せ続けた投手陣に応える。ただそれだけを考えていたこと。そしてもう1つのキーワードが繋ぐことを徹底したことが打線の復調に結びついた。
 「今年のチームは『繋がる』ことをテーマにしています。それをしっかりと出来たことが大きかったと思います」(綛田)

 また、東海大相模は準々決勝でチームの柱・大塚 瑠晏主将が欠場というアクシデントに見舞われた。代理の主将は門馬、ショートの守備には深谷 謙志郎が就く形になった。

 ただ門馬は「あまり意識しすぎずに、全員で大塚の分までカバーすることを心がけました」と気負いしすぎることなく、ゲームに入ったが、その言葉通り、大塚主将を欠いていることを感じさせない全員攻撃で初回から福岡大大濠に襲い掛かる。そして守ってはエース・石田 隼都が今大会初先発となるものの、終始安定した投球でホームを踏ませなかった。

 チーム全員で戦い抜く。そうした意識をもって準々決勝に挑んだことが打線の復調に結びつき、投打の歯車ががっちり噛み合う形になった。例年とは一味違った強さを持つ東海大相模が、チーム1つに頂点まで駆け上がれるか。残り2戦の戦いぶりからも目が離せない。

(取材=編集部)