今年は達だけではない。大会随一投手陣を攻略し、天理が24年ぶりのベスト4



瀬千皓(天理)

 絶対的エース・達 孝太を擁する天理と、伊藤 樹はじめ複数投手に加えて野手もタレント揃う仙台育英。全国区の名門校同士の一戦は、中盤で試合が決することとなった。

 2対2で迎えた4回に天理は5番・戸井 零士が相手のミスで出塁したことを足掛かりに二死満塁から9番・政所 蒼太と1番・内山 陽斗の連続タイムリーで4点を奪った。

 そこからは天理ペース。5、6回と連続して得点を重ねて仙台育英を突き放すことに成功。8回に1点を返されたものの10対3で天理仙台育英から白星を挙げた。

 試合前は投手戦が想定された一戦だったが、試合が進むにつれて天理が主導権を握り、優勢の展開が続く試合運びとなった。

 序盤3回まではほぼ互角だった。天理が初回、仙台育英先発・古川 翼を攻略して2点を奪うが、仙台育英も2回からエース・伊藤 樹を投入し、3回には3番・八巻 真也のホームランから2点を取り返す。これで互角の展開だと思われたが、中盤に雲行きは一気に変わった。

 天理は相手のミスからチャンスを作って勝ち越し。続く5回も先頭を死球で出したところからチャンスを作って7番・杉下 海生のタイムリー。さらに6回も先頭バッターがヒットで出たところから中軸までつないで、4番・瀬 千皓のタイムリー。振り返れば初回の得点も四球から得点に結びつけていたことに気が付く。

 この日の天理の得点パターンは相手のスキ、ミスを確実に突き、得点に結びつける。やられた仙台育英側からすれば、得点以上にダメージが大きい攻撃だったと言える。中村監督も戦前は「競ったゲーム展開になるので、ミスをした方が崩れる」と想定していた。