今大会最速149キロマーク!常総学院を圧倒した畔柳、中京大中京打線の凄さとは



畔柳亨丞(中京大中京)

 2回戦最後の一戦は中京大中京常総学院。ベスト8をかけた一戦は、中京大中京ペースで試合が進み続けた。

 2回に中京大中京は7番・櫛田 理貴のタイムリーで先制すると、3回には5番・辻 一汰の犠牲フライと6番・加藤 優翔のタイムリーで3対0とした。すると続く4回には一挙5得点で試合の主導権を握ると、6回と8回にも点数を重ねて常総学院を引き離した。

 中京大中京の先発・畔柳 亨丞は今大会最速149キロをマークするなど7回1失点。2番手・松田 新叶柴田 青が点数を奪われたが、9回にも4点を加えた中京大中京が15対5で常総学院を下した。

 今大会最速となる149キロを計測した畔柳 亨丞。「疲労が残っていました」といいつつも、7回投げて7奪三振と実力を発揮した。常総学院の選手たちに話を聞いても、その実力は伝わってきた。

 「思っていた以上にボールが伸びてきたので、結果としてデットボールになりました」(三輪 拓未

 「コンパクトに出すと言っても当てるだけになってしまいましたし、ボールのキレが良かったので、つい手が出てしまいました」(田邊 広大

 初戦の専大松戸戦に続いて、相手チームからの驚きの声が続く。畔柳は「疲労があってうわづって四球が出たのは反省ですが、自分のストレートが投げられたのは良かったです」とコメント。また149キロについては、「自分は1球1球に魂を込めているだけなので」と話す。

 ただこの時の理由を女房役・加藤 優翔は明確に分析し、話をしてくれた。
 「あの時は打席にいた鳥山(穣太郎)君がタイミング取る時に、ワンテンポ深く入る癖があったので、タイミングを崩すためにもクイックとゆっくり足を大きく上げることを混ぜました。それでバランスが整って149キロが出たんだと思います」

 確かに畔柳の2試合の投球はクイックモーションが多く、スタンドから見ると下半身をしっかりと使うというよりも上半身の力を利用している印象が強かった。それで140キロ後半の速球を投げ込む畔柳も凄いが、下半身とのバランスが整ったらどれだけのボールを投げ込むのかと想像するだけも期待が膨らむ。準々決勝以降にベストボールが見られることを楽しみにしたい。