智辯学園右のエース小畠一心が見せた甲子園からの成長



小畠一心(智辯学園)

 智辯学園が投打で力を発揮して広島新庄を下した。

 智辯学園先発は小畠 一心だったが、2回に広島新庄の7番・平田 龍輝にタイムリーを浴びて先制を許す。ただ3回に二死一、三塁から垪和 拓海のタイムリーで同点にすると、前川 右京山下 陽輔の連続タイムリーで試合をひっくり返した。

 4、6回にも智辯学園は1点を追加して5対1とすると、小畠は8回に1点を失うものの、丁寧な投球で広島新庄からアウトを重ね続けゲームセット。5対2で智辯学園広島新庄に勝利した。

 ベスト8に進出した智辯学園。自慢の強力打線が要所で力を発揮して試合の主導権を渡さない盤石の試合運びだったが、それを支えたのは右のエース・小畠 一心の好投も大きい。

 最速144キロを計測したストレートを軸に、シンカー気味に沈んでいくツーシーム。さらにスライダーやタイミングを外すカーブと、変化球も実に多彩。広島新庄打線に連打を許さない堂々たるピッチングだった。

 小畠の投球を打席の中で見た広島新庄の選手たちはどう感じていたのか。そして攻略のために何をしようとしたのか。

 「本当にいい投手で打線を繋ぐことが出来ませんでした」(瀬尾 秀太

 「各自で狙い球を絞っていきましたが、早打ちしてしまったり、狙っていないボールに手を出してしまいました。広島県にはないような投手でした」(大可 尭明

 では、投げていた小畠本人は、今日のピッチングをどう振り返るのか。
 「初戦で1回だけ投げられたのでいい流れのでマウンドには上がりました。今日は二死からランナーを出すことがあったので70点くらいだと思います。」

 1年生の夏に甲子園デビューを果たすも、登板した八戸学院光星戦では打ち込まれ、悔いの残る甲子園での初登板だった。小畠の中では「3年生の分までやるつもりで、これまで練習してきたので、試合を作れて良かったです」と心の中に印象深く残っている登板であり、成長の糧にもなっている。

 以前の取材では八戸学院光星戦を経て、キレとコントロールを重視してレベルアップを図ってきた。そのストレートとともに広島新庄戦で光ったのは変化球、特にシンカー気味に沈むツーシームだった。

 昨秋の近畿大会前から習得した新たな武器で、「三振を狙っても粘られるので、代わりにツーシームを増やして内野ゴロに仕留めよう」と考え、この試合では多投したが、それが面白いように決まり、ゴロアウトの山を築いた。

 また「1年生の時から経験を積んで成長した点だと思います」と本人も語る、ランナーを背負ってからの冷静な投球も光り、チームの準々決勝進出に貢献した。

 この好投には小阪監督も「しっかり投げてくれました」とコメント。前々から2回戦は小畠に任せる予定があったとのことで、「西村と小畠は信頼できる投手なので」と起用理由を語るが、その期待に見事答えたといっていいだろう。準々決勝では明豊との一戦となるが、再び登板があるのか。悔しさをバネに成長した小畠の次の投球も楽しみにしたい。

(取材=編集部)