恐怖の8番松尾、驚きのパワーで4年ぶりのベスト8に導く決勝本塁打



松尾光気(福岡大大濠)

 九州大会の準々決勝でも対戦した福岡大大濠具志川商の2校。リベンジマッチとなった一戦は点数取り合いが9回まで続く形となった。

 前半を3対3で折り返すと、迎えた6回に福岡大大濠は押し出しで勝ち越しに成功。これで主導権は福岡大大濠かと思われたが、具志川商も直後の攻撃で6番・比嘉 力太のタイムリーで再び同点の4対4。試合は延長戦にもつれた。

 10回は互いに点数が入らなかったが、11回に福岡大大濠は8番・加藤光気などのホームランなど4点で試合を決めた。福岡大大濠が8対4で具志川商を下した。

 決勝打を放った松尾は試合後、「甘いストレートを狙っていました。打ったときは感触が良かったですし、毛利が踏ん張ってくれていたので良かったです」と喜びを表現した。

 甲子園での活躍が光る松尾だが、ここまでは苦労もあった。新チーム結成時は捕手だったが、外野へコンバート。この試合ではそんなことを感じさせない好守を見せていたが、「風はずっと見ていましたし、指導者の方にノックを打ってもらった」と安定した守備の裏付けを語った。

 また外野にコンバートされたことで打撃へ集中できるようになり、打力に磨きがかかった。ただ力みがちなところがあり、昨秋の九州大会では5番を任されていたが思うようなバッティングができず、甲子園では8番になった。

 「言われたときは悔しかったですが、どうして8番なのか考えていて、今は中軸が返しきれなかったランナーを返すことが役目だと思ってやっています」

 八木監督は「楽な場所で松尾を打たせてあげたい」という狙いのもとで8番になっているが、松尾本人も「打席に入る前に肩の力を抜くようにしています」とのことで、上手くはまっているようだ。

 「次も繋いで良い試合をして、優勝が出来ればと思います」と意気込み残した松尾。今大会で覚醒しつつあるスラッガーの今後が楽しみだ。