配球は間違っていなかった...明豊が執念で奪った好投手・小園健太からの勝利



太田虎次朗(明豊))

 準々決勝の椅子をかけた明豊市立和歌山の一戦は、最後まで手に汗握る試合展開だった。

 先に先制したのは明豊市立和歌山先発・米田 天翼から、明豊3番・米田 友のホームランから試合が動き出し、明豊がリードする形でゲームが進む。

 しかし市立和歌山も6回に、一死二塁から3番・松川 虎生のセンター前で1対1の同点に追いつき、次の1点が勝敗の分かれ目となってきた。その中で明豊が7回にチャンスを作る。

 先頭の5番・阿南 心雄のヒットなどで二死三塁から、代打・竹下 聖人が三遊間を破る勝ち越し打。小園 健太から勝ち越しに成功して再びリードを奪うと、好投していた先発・太田 虎次朗の後を継いだ明豊2番手・財原 光優市立和歌山に同点を許さずにゲームセット。明豊が2対1で市立和歌山を下した。

 「7回の場面の配球は間違っていなかったと思います。相手打者の態勢も崩してスイングをさせていませんでしたし。ただボールが少し高かったのかなとベンチで見ていて思いました」

 試合後、勝ち越しの場面を振り勝って、市立和歌山・半田監督がコメントした内容だ。確かに明豊の代打・竹下 聖人小園 健太のスライダーに対して体が開き、しっかりと振れる状態ではなかった。それでも転がった打球は三遊間を破り、明豊に勝ち越し点が入った。

 あの瞬間についてマウンドにいた小園は、「自分の中では空振りを狙いに行ったスライダーだった」と語る。1対1の同点で、二死三塁2ストライク1ボールと追い込んでいた場面であれば、当然三振を狙いに行っていい場面だ。だが結果として代打・竹下に上手く当てられた。

 「あの後に『県立岐阜商戦でもスライダーを多く使ったから、カットボールでも良かったな』と松川と話しましたが、それでも打たれたのはスライダーがまだまだだと言うことですし、悔しい気持ちしかないです」(小園)

 県立岐阜商戦の疲労はなかったとのことだが、全体を通じて「ストライク先行のカウントにできず、取りに行ったストレートを打たれました」と反省を小園は口にするが、好投手・小園に対して明豊サイドはどんなことを意識したのか。

 「1巡では捉えられないと思ったのと、左打者が鍵だと思ったので、なるべく調子がいい左打者を上位に置きました。その中で、出来るだけ振り幅を狭くして、右方向を意識してボールに食らいついていくように話をしました」(川崎監督)

 「小園投手はストレートも変化球も速いので、基本的にはストレートのタイミングで待っていました。だから何とか食らいついてバットに当てられて良かったです」(竹下)

 何とかヒットを出すという明豊の『執念』が、好投手・小園から値千金の1点をもぎ取ったと言ってもいい。事実、今年の明豊は守備型のチームとして定評があるが、選抜前に取材では「執念とはボールに近づけること」という言葉がノックの際に飛び交っていた。その信念がバッティングでも体現されたのではないだろうか。

 好投手・小園を攻略し、勢いに乗った明豊。2年前の選抜でたどり着いたベスト4まで残り1勝。まずはそこに辿り着くべく、一戦必勝で準々決勝に挑む。

(取材=編集部)