秋とは別人、さすがナンバーワン投手…。畔柳、深沢の快投に、双方から称賛が止まらない!



畔柳亨丞

 1回戦最後の一戦となった中京大中京専大松戸は、7回のワンプレーで雌雄を決した。

 0対0で迎えた7回に中京大中京が先頭の4番・原 尚輝を死球で塁に出し、5番・辻 一汰の送りバントで得点圏に進んだところで、途中出場の櫛田 理貴がレフトへタイムリー。さらに打球がレフト後方へ転々としている間に櫛田も生還。2対0とすると、これをエース・畔柳 亨丞が抑え込みゲームセット。中京大中京・畔柳の完封劇で専大松戸を下して2回戦へ駒を進めた。

 ただこの一戦はタイプの違う両チームの先発が試合を盛り上げた。

 中京大中京は大会注目投手の1人・畔柳 亨丞。150キロを超えるようなスピードボールを駆使して打者を圧倒するだけではなく、鋭く変化するスライダーなど縦の変化球も持ち合わせる文字通りの剛腕。その力をいかんなく初回から発揮していた。

 その畔柳とは違い、専大松戸深沢 鳳介は投球術が長けていた。143キロを計測するストレートだけを頼るのではなく、120キロ台のスライダーと110キロのカーブをコーナーに丁寧に投げていく巧みな投球で、中京大中京打線に的を絞らせなかった。

 畔柳の実力は広く知られていたが、深沢のピッチングはこの一戦で一気に名を広げたことは間違いない。では対戦した中京大中京は深沢をどう見ていたのか。

 「動画などでピッチングは見ていましたが、想像以上に手元でボールが伸びてきた。全体的にボールのキレがあって低めにボールが集まっている。素晴らしい投手だったので、負けないつもりで投げていました」(畔柳)

 「秋から球速も制球力も想像以上に上がっている。腕の振り以上にボールはきていましたし、緩急も使ってきたので思うようにスイングさせてもらえませんでした。ウチが打てないというよりも、深沢くんが素晴らしかったです」(高橋監督)

 相手からは称賛の声が止まず、指揮官の持丸監督からも100点の投球と評価されていた深沢だが、中京大中京打線に対してどういった意識していたのか。
 「相手は畔柳くんだったのでロースコアの展開。だから僕が1、2点に相手を抑えれば勝てると思いましたが、甘いボールを勝負所で投げてしまったので、課題が残りました」

 反省を口にするものの、冬場に取り組んできた成果を発揮することはできたことに手ごたえを感じていた。その成果こそ、中京大中京相手に見せた投球術だ。
 「冬場はインコースにもしっかりボールを投げられるように練習を積み重ねてきました。そのおかげもあって、変化球をインコースに投げ込む技術がついたので、今日は使っていきました」(深沢)

 事前に中京大中京は上手くボールに合わせることのできる打者が多いというイメージを深沢のなかでは持っていた。だからこそ外だけではなく内も変化球を使う、つまりフロントドアの駆使する投球術が勝つためには必須条件だった。

 畔柳とは違い、相手のテンポ、タイミングを外す投球術で試合を作った深沢だったが、それでもこの試合では上手だったのは畔柳。名将の持丸監督も「勝負所で変化球が使えて、動揺もしない。一流の要素を持った投手でした」と語れば、深沢も「自分にはない真っすぐのキレと速度で、ナンバーワンの投手だと思ってみていました」とコメントした。

 世代NO.1候補との投げ合いで得た手ごたえと課題を胸に戦国千葉でさらに腕を磨き、再び甲子園のマウンドに戻ってくることを期待したい。

(取材=編集部)