理想的な試合運びで大阪桐蔭を撃破した智弁学園の底力



山下陽輔(智辯学園)

 1回戦最注目カードと言っても過言ではない智辯学園大阪桐蔭の近畿勢同士の対戦。昨秋の近畿大会決勝でも対戦した両チームであり、高校野球界が誇る全国区の名門校。昨秋の対戦では智辯学園大阪桐蔭に7対3で勝利。大阪桐蔭にとってはリベンジマッチとなったが、智辯学園が再び力を発揮する形になった。

 初回に智辯学園大阪桐蔭先発・松浦 慶斗の立ち上がりを攻めて4得点。いきなり主導権を握ると、5回まで智辯学園が4対0と試合を優勢に進める。ただ後半に入ると大阪桐蔭も反撃。6回に智辯学園のミスで2点を返すと、7回には2番・繁永 晟、8回は7番・藤原 夏暉からタイムリーが飛び出した。

 8対6と2点差まで詰め寄ったが、智辯学園は最終回に先発・西村 王雅から小畠 一心にスイッチして反撃を許さず。智辯学園大阪桐蔭の終盤の追い上げを振り切って、8対6で勝利した。

 勝負は序盤。主導権を握る。智辯学園サイドはそこにこだわった。

 抽選が決まってから大阪桐蔭を想定して練習を積み重ね、大阪桐蔭の先発・松浦は立ち上がりに不安がある。優勝候補・大阪桐蔭の撃破のキーワードは「積極性」だ。

 まずそれを主将・山下 陽輔が示した。
 「チーム全体として積極的にスイングしていくことを徹底している中で、外にボールが来たのでそれを芯で捉えられたので、先制の犠牲フライを打つことが出来ました」(山下 陽輔

 山下の一打で勢いに乗った智辯学園はなおもチャンスを作り、さらに3点を追加し、4点を追加した。

「立ち上がりが課題だったので丁寧に投げることを意識しましたが、慎重になりすぎても良くないので、慎重かつ大胆に攻めるつもりで真っすぐを多めに投げていきました」(西村 王雅

 大阪桐蔭相手に攻めていく。積極性をもって初回から入っていけたことで、智辯学園はリズムを作り、4点のリードを奪取。さらに「ウチは1試合というよりも前半、後半で分けて考える意識を持っている」と小坂監督の指導もあり、6回にももう一度集中力を高めて点数を重ねることに成功。試合の勝敗を分ける大きな追加点となった。

 西谷監督も6回の失点は「しっかりと守らないといけないところでしたので苦しかったですね」と一言。相手にもダメージを与える得点だったと改めて確認することが出来る。

 そもそも、大阪桐蔭相手に先制、中押し、ダメ押しできるチームはほとんどといっていいほどなかった。それも秋を含めて二度目だ。この強さは本物だといっていい。

 投打ともに戦力整う智辯学園。2回戦以降も攻めの姿勢で相手を崩していけるか注目だ。

(取材=編集部)