なぜ21世紀枠出場の三島南は鳥取城北を渡り合える試合運び、好守備を見せることができたのか?



植松麟之介(三島南)※写真は2020年秋季大会

 秋季大会ではベスト4まで勝ち上がって選抜の切符をつかみ取った中国地区代表・鳥取城北。対するは静岡県大会ベスト4だったが、強豪・静岡を破るなど快進撃があった21世紀枠・三島南。両チームの一戦は三島南が先にゲームを動かした。

 2回、5番・山田駿のヒットをきっかけにチャンスを作ると、一死三塁から7番・富岡創の犠牲フライで三島南が先制。先にペースを握ったかのように思われたが、鳥取城北が黙っていなかった。

 5回に3番に座る注目打者・畑中 未来翔のタイムリーに加えて、守備の乱れで鳥取城北が3点を取り返し逆転。三島南は6回に4番・小堂湧貴のタイムリーで1点差に詰め寄ったが、9回にマウンドに上がった2番手・前田 銀治鳥取城北につかまり3失点と勝負あり。鳥取城北が6対2で三島南を下して、選抜での初勝利を掴んだ。

 試合後に三島南に向けられた大きな拍手。大健闘を行い、強烈な印象を残した。

 最後まで粘り強い試合展開を実現できたのは、先発の植松 麟之介の力投ぶりだ。サイドスローの植松はストレートが120キロから130キロほど。他の投手たちと比較しても決して速球派投手ではない。変化球も大きく曲がるカーブ、スライダーが100から110キロほどで、タイプとしては技巧派投手になる。

 そんな植松が甲子園という全国の舞台で8回投げて被安打10ながら、失点はわずか3点。粘り強い投球が出来たが、まず対戦した鳥取城北の打者はどう感じていたのか。

 「相手に流れが行きかけたところで点数を獲れたからよかったですが、変化球が多くて途中からフライアウトが増えてしまってしまいました」(畑中)