米崎薫暉(明徳義塾)※写真は昨秋の県大会より

 明徳義塾では仙台育英が対戦相手に決まってからシートノックでは、仙台育英の脚力を想定して練習に取り組むなど高い意識をもって取り組んできた。ショートを守る米崎 薫暉主将も「仙台育英さんは足が速いことがわかっていたので、いつもよりも守備位置を前にしたりして、対策はしてきました」と脚力ある仙台育英を想定した練習を積み重ねてきたことを明かす。

 またレフトでダイビングキャッチを見せた高松は、「森松(幸亮)の声が聞こえましたので、思い切って勝負しました」と他の野手陣との連携による準備に伴った好守だったことを語る。こういった準備は明徳義塾の普段の練習の中では当たり前にように取り組まれていることで、こうした事前準備こそが守備からリズムを作るとされる明徳義塾明徳義塾たる所以なのだ。

 そうした事前準備による好守があったにもかかわらず「良い流れが来なかった」と馬淵監督は一言。さらに失点に繋がった2回の守備については「あれは内野安打とわかっていたんだから投げちゃいけないし、ボールを後逸してもいけない。あれはベンチのムードも悪くなりますし、守備の明徳は言えない」と辛口のコメントを残す。

 ただこうなるのにも理由はある。馬淵監督も「とにかく脚力のある選手がそろっている」と言うように、仙台育英は走力を武器としたチーム。仙台育英では定期的に行う記録測定で一塁駆け抜けタイムを3.8秒と設定して選手たちを判断している。そのスピードに堅守・明徳義塾の守備が乱れたのではないだろうか。

 普段の練習で積み重ねてきた守備をいかんなく発揮した明徳義塾だが、1回の一瞬のミスが「守備の明徳は言えない」と馬淵監督も納得できぬエラーとなり、勝敗を分ける形となってしまった。

 とはいえ、これだけ高度であり、気合が入った好守備を見せ続けた明徳義塾の選手たちは間違いなく高校野球ファンを魅了した。

 次元が違うスピードを体感した明徳義塾はこれを機にどう守備が強化されていくのか注目をしていきたい。

(取材=編集部)