好守連発も...馬淵監督に「守備の明徳は言えない」と嘆いたワンプレー



伊藤樹(仙台育英)

 仙台育英明徳義塾の1回戦注目カードは仙台育英が制した。

 先制したのは仙台育英。2回に5番・秋山 俊が内野安打とエラーで出塁すると、6番・遠藤 太胡のタイムリーで1点を先制に成功。試合の主導権を握ると、先発していた古川 翼を4回途中で下げ、エース・伊藤 樹を投入した。

 伊藤は140キロを超える真っすぐに多彩な変化球を混ぜて明徳義塾打線を翻弄。スコアボードに0を並べ続け、そのまま明徳義塾の反撃を許さずにゲームセット。1対0の投手戦を制した仙台育英が初戦を突破した。

 今大会屈指の好カードと呼ばれたこの試合は期待に違わぬ好カードとなった。

 仙台育英明徳義塾のミスを逃すことなく1点を奪い、逃げ切る形となったが、明徳義塾は随所に明徳義塾らしい堅守を見せてきた。

 6回にはノーアウトから仙台育英八巻 真也のフェンス近くの大飛球をライト・山蔭 一颯が粘り強く追いかけてアウト。さらに7回には二死一、二塁のピンチでレフト・高松 紳志がダイビングキャッチ。そして8回にもファールゾーンに飛んだバントの小フライを梅原 雅斗が飛び込んでアウトを演出。明徳義塾の堅守ぶりは随所に見られた。これにはマウンドの代木 大和も「ヒット性の当たりも助けてもらった」と試合後には野手陣を称賛した。