ハイレベルな投手戦はドロー どちらも投手層の厚さ、堅守が光る!



東邦・知崎

 東邦vs東海大相模の一戦。ハイレベルな投手戦が実現した。

 まず東邦の好左腕・知崎 滉平は持ち味を発揮した。

 まず投球フォームを見ていくと、右足をバランスよく上げていき、ゆったりと右足を踏み込んで、コンパクトなテークバックから鋭く腕を振っていくオーバーハンド。ストレートは常時135キロ〜143キロの速球の球威はなかなかで、120キロ後半のカットボールが非常に良い。

 速球と変化球の中で、緩急差はあまりないのだが、リリースに入るまでがゆったりとしていて、リリースの瞬間に一気に腕を振り出すので、想像以上に打ちにくいのではないだろうか。140キロを超える速球左腕ということは伺っていたが、高速変化球の使い分けが素晴らしい。7回途中まで無失点に抑える好投を見せた。

 2年生右腕の三浦 心空も実に良かった。この試合、セカンドで出場していた三浦はシートノックから切れの良い動きを見せ、第2打席はレフトへ痛烈なフライを放っていた。7回表から登板した三浦はセットポジションから始動し、勢いよく足を上げていきながら、真っ向から振り下ろす常時130キロ後半の速球は魅力的。スライダー、縦に鋭く落ちる変化球をコントロールよく投げ分け無失点の好投を見せた。左右の140キロ超えの実戦力が高い投手を揃える東邦投手陣の層の厚さはかなりのものがある。

 東海大相模の先発・石川 永稀も安定感抜群の投球。常時135キロ〜140キロの速球を内外角にきっちり投げ分け、120キロ前半のスライダーにしっかりとコントロールすることができる。さらにテンポも早く、安定感もあり、見ていて安心できる投手。石川はどの試合でも8割以上のストレート、切れの良い変化球を投げられてコントロールできるので、崩れる不安がない。

 今年の東海大相模投手陣で、安定感ならば右投手ナンバーワンの実力をしっかりと示している。9回裏もピンチを招いたが最後まで落ち着いた投球で無失点に抑え、引き分けに持ち込んだ。

 どちらも投手陣の層の厚さ、無失策で終わった堅い守備が光ったが、好投手攻略の打撃が課題になりそうだ。

(記事:河嶋 宗一