東海大相模、新戦力が多く浮上する一戦に!



先発・庄司 裕太(東海大相模)

 4位の春日丘東海大相模の一戦。この試合は東海大相模の新戦力が垣間見えた試合だった。

 まずこの試合で目立ったのは、4番ファーストに入った求 航太郎(2年・川崎中央シニア)の打撃だ。第1打席から痛烈な左翼線二塁打。第2打席も左前安打、第3打席も中前安打。投手としても140キロ近い速球とキレのある変化球を投げ込む右の本格派右腕だが、打者としても想像以上に素晴らしい。構えはスクエアスタンスで、余計な反動を使うことなく、レベルスイングができるのだ。打球の速さを含めてもかなりのレベルで、またライトに入ったシートノックではコントロール重視ながらワンバウンドでライナー性の送球を披露。

 強肩強打の外野手として育てば、今年の東海大相模は外野のレギュラーが中々固定が出来ていない状態なので、求が野手として台頭すれば戦力としてかなり厚みが出るだろう。

 東海大相模庄司 裕太(2年・町田シニア)が格段に良かった。なぜ背番号21なのかが分からないぐらい抜群の内容だった。走者がいないところからでもセットポジションで始動し、左足勢いよく上げていき、コンパクトなテークバックからしっかりと振り下ろし投げ込む好右腕。常時130キロ後半〜142キロの直球の威力は抜群。ボールの勢い自体は関東、招待試合でみてきた投手の中ではトップレベルの投手ではないだろうか。120キロ前半のスライダー、フォークの精度も非常に高く、夏まで競争に加わりそうな投手だ。6回まで2失点の好投を見せた。

 7回裏からマウンドに登ったのは池本 琳(3年・世田谷西シニア)。世田谷西シニア時代はエースとして全国優勝を経験。同期には148キロ右腕・中嶋 太一桐光学園出身)がいる。なかなか登板機会は恵まれなかったが、改めて素質は高い投手であることが伺えた。コンパクトなテークバックから投げ込むストレートは常時135キロ前後で最速139キロを計測。威力はあり、176センチ82キロと恵まれた体格をしており、馬力もある好投手だ。120キロ前後のスライダーもキレもあり、夏の大会のベンチ入りは不透明だが、大学野球は間違いなく続けられる実力を持った投手だろう。東海大相模は135キロオーバーの投手が本当に多い。特に今年の3年生投手のポテンシャルはかなりのものだ。できれば全投手が継続してほしいと池本の投球から見て実感させられた。