至学館、ベンチ入り20人を起用!夏へ向けて収穫のある一戦に!



カットボールを投げる石川 大翔(至学館)

 センバツ優勝の東海大相模。昨秋、愛知県大会ベスト4に入った4校と招待試合を行う。東海大相模と戦えることは、いろいろな収穫を得られる勉強の機会として臨んでいた。昨秋3位で東海大会出場の至学館はベンチ入り20人全員が出場した。

 まず至学館の先発は1年生の山本 航(東海中央ボーイズ)。麻王 義之監督によると、球速はなくても、投球センスを高い投手だと評価している。

 山本は常時120キロ前半の速球、曲がりが大きいカーブで翻弄する技巧派左腕。実力としては突出したものではないが、この3年間で愛知を代表するコントロール型の左腕へ成長する可能性を持った逸材といえる。

 初回に2点先制を許したが、1回裏、一死一、三塁から4番山岡 聖弥(3年)の犠飛で1点を返す。
 山本は3回途中まで3失点の力投を見せ、降板。山本の投球に麻王監督は「落ち着いて投げる事ができたと思いますし、今後も戦力として期待できる内容でした」と高く評価していた。

 2番手はややサイド気味の片山 昂誠(2年)が登板し、さらに左の技巧派・竹林 海翔(2年)は120キロ前半の直球、カーブ、スライダーを丁寧に投げ分け、東海大相模を凌ぐ。

 そして5回裏、至学館らしい攻めで1点をもぎとる。一死一塁の場面で代走・加藤 匠翔(2年)が武井-小島のバッテリーから盗塁を成功させると、打席に立っていた3番手投手・竹林に代えて、矢澤 翔馬(3年)。矢澤が中超え適時三塁打を放ち、1点を返す。矢澤は代打の切り札として麻王監督が高く評価する打者で、愛知瀬戸ボーイズ時代は控えだったようだ。代打の切り札がしっかりと打てたことはポイントが高い。