享栄がセンバツ出場の京都国際に連勝して意地を示す



享栄・肥田優心君

【試合模様のギャラリーはこちら】

 3人のプロ注目の好投手がいるということで前評判の高い享栄。昨秋は第1シード校として出場した愛知県大会、前評判でも最有力視されていたが、準々決勝で東邦に屈して今春のセンバツ切符を逃してしまった。一方、京都国際の昨秋は京都府大会3位として出場した近畿大会で和歌山東神戸国際大附を下してベスト4入り。春夏通じて初めての甲子園出場を掴んだ。

 甲子園へ向けての調整もある京都国際に対して、享栄は真っ向から挑んだ。そして、結果として2試合とも勝利したのだから、やはり地力はあると言ってもいいであろう。

 この日の試合では、享栄の3枚看板のうちの一人、肥田君が先発。5回を1安打無失点に抑えたが、三振も6つ奪っている。下半身もどっしりとしているが、ボールもずしりと来るという感じだった。甲子園のセンバツに向けて、ここまで滋賀学園関西といった甲子園常連校に対しても、打ち勝ってきたという京都国際だったが、肥田君には抑えられてしまったという印象だった。

 それでも、小牧憲継監督は「これから、もう少し上げていって、大会に合わせていきます」と、調整としては決して悪い状況ではないようだった。むしろ、ここまで練習試合で勝ち過ぎていたので、一つ落ちておいて再度気持ちを立て直していくという形で、いい感じで大会5日目の柴田(宮城)との試合に挑んでいきたいというところであろう。

 京都国際の先発は、センバツでも1番として登録されている縦スライダーのいい新2年生の森下君だ。初回は二死を奪ってから、彦坂君に上手に中前へ運ばれて、そこから崩れて、真鍋君にも打たれ、死球で満塁後、勝負強い大石君が中前打し中継が乱れる間に2人が帰った。

 しかし、それでも森下君は2~4回は本来の投球。結局、6回を投げて4失点だった。享栄は5回にも大石君が右中間二塁打して2点を追加した。

 京都国際は、享栄の2人目濵田君に対して6回に辻井君のタイムリーで2点を返し、7回にも後藤君の二塁打と武田君の中犠飛で追い上げた。そして、7回からは、小牧監督の当初の予定通りの継投で、右翼手として6番に入っていた平野君と森下君を入れ替えた。

 その平野君から、8回享栄は佐久間君が右翼へソロ本塁打して突き離しかがったが、9回に京都国際は粘りを見せて2点差を追いつく。享栄は、濵田君から細かくつないでいって何とか抑えた。