夢のセンバツ甲子園が現実となって、本番へ向けて三島南はいい調整ぶり



元気よく腕を振る三島南の選手たち

 創部100周年にして、このタイミングで静岡県から初めての21世紀枠の代表校として甲子園初出場を果たした三島南。その甲子園へ向けての最初の対外試合である。県東部の学校で、学校としての歴史はあるが普通の公立校の三島南

 昨秋の県大会は準々決勝で県ナンバー1の強力打線とも言われていた静岡を1失点で抑えて勝利しベスト4に進出たことが大きかった。さらには、21世紀枠として選出された要素としては、幼稚園児や小学生に向けて開催している「野球体験会」という活動も高く評価されたのであろうと思われる。

 野球人口の減少が叫ばれる中で、「野球の面白さ、楽しさを子どもたちに伝えていくことで、野球のすそ野を広げていこう」という意図で、稲木恵介監督が提唱して始めた行事でもある。今や、すっかり地域の子どもたちや親たちの間での楽しみに待たれている行事の一つとなっている。

 そういった地道な活動もしてきた三島南の野球部だが、そんな活動も実績として評価されて、夢にまで見た甲子園で試合できることとなった。稲木監督も、「お陰さまで、地域の人たちからも、今まで以上に声をかけていただけるようになってきました」と、いい感触も得ているようだ。そんな三島南の檜舞台へ向けての準備となる最初の試合である。

 相手としては甲子園出場実績こそないものの、山梨県の有力校といってもいい富士学苑を、静岡県の東部地区のメイン球場でもある愛鷹球場に迎えての試合となった。

 お互い、現状の中でのほぼベストメンバーでの戦いとなった1試合目。
 三島南の先発は、昨秋の県大会で強力打線の静岡を1失点に抑えたことで注目された植松君だ。植松君は右サイドというか、スリークォーターとの間くらいの位置からの腕の出方で、これが打者にとっては戸惑う要素の一つとなりそうだ。球速としては120キロ前後で決して速くはないけれども、上手に打者に打たせていくという投球術でかわしていく。