大崎が延長12回を制し決勝進出!2番・乙内が同点打&サヨナラ打



延長12回を制し決勝進出を決めた大崎

 明豊に1点を勝ち越された延長10回裏、大崎は二死一、二塁から2番・乙内翔太右翼手(2年)がセンター前へタイムリーを放ち同点。さらにタイブレーク目前の延長12回裏、二死二塁のチャンスで再び打席が回ってきた乙内 翔太右翼手が今度はライト線へ落ちるタイムリーを放ちサヨナラ。地元開催の九州大会で初の決勝進出を決めた。

 12回裏二死二塁。一塁が空いている状況での乙内 翔太の打席。この日ここまで3安打を放っているだけに、守備側には勝負をするか、申告故意四球(申告敬遠)などで塁を埋めるかの策が考えられた。明豊の川崎絢平監督は、「2番の子(乙内 翔太)はボールに食らいついてきていたので、どうするかは考えた。でも3番の子(村上 直也=2年)も良い打者なので」と考えた末に勝負を選んだことを明かした。結果的には勝負して打たれたが、「打った打者が凄かった」と川崎監督は勝負を決めた打者を讃えた。

 一方、「絶対に決める」と乙内翔太は相手が勝負を選んでくれたことを意気に感じていた。一塁が空いていただけに、歩かされても不思議はない場面。相手投手にタイミングが合っていたこともあり、自信があった。高校で初のサヨナラ打。エースの坂本安司(2年)が最少失点で踏ん張っていただけに、期待に応える一打を放てたことを喜んだ。

 地元の西海市から約200人の保護者・学校関係者が集まり、決勝進出に沸いた。地元開催での九州チャンピオンを目指し、福岡大大濠との大一番に臨む。

(取材=松倉 雄太