2020年10月24日 高知市営球場(高知市総合運動場 野球場)

小松vs鳴門渦潮

2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

強打が看板の小松「堅守」で四国大会初勝利!



小松先発・越智海斗(2年)

 2014年・初出場となった夏の甲子園では初戦敗退に終わるが、山形中央石川 直也(現:北海道日本ハムファイターズ)を早々に打ち崩し「強打」を満天下にしらしめた小松(愛媛)。その後も甲子園出場にこそあと一歩届かずも、宇佐美 秀文監督の下で鍛え上げられた強打線は彼らの金看板となっている。

 ただ、この試合について彼らに冠されるのは「堅守」の二文字だった。ノーエラーという明確な数字もさることながら、際立っていたのは理に適った対戦相手・鳴門渦潮への対応。二塁手の福島 未来翔(2年・二塁手・右投左打・175センチ66キロ・えひめ西リトルシニア出身)は絶妙なポジショニングとリードオフマンを務める俊足でヒットゾーンをゴロに変えれば、外野手は「後ろから入ることを基本に守った」主将・赤尾 颯斗(2年・中堅手・右投左打・165センチ69キロ・今治市立伯方中出身)を中心とした外野陣も右中間・左中間をカバー。

 さらに赤尾の適時打で先制した直後の3回裏には一死一塁から2番・河村 壮馬(2年・右翼手・左投左打・170センチ67キロ・鳴門市大麻中出身)の左越二塁打でホームを狙った走者を阻止。鳴門渦潮・森 恭仁監督をして「びっくりするボールがきた」見事な中継プレーは、試合の趨勢に大きく影響を与えた。

 かくして小松は9回二死2ストライクから2点こそ失うも、走攻守がかみ合っての四国大会初勝利を達成。「こんな野球もできるようになりました」。宇佐美 秀文監督の言葉は強打で打ち勝った以上の満足感にみちたものだった。

(文= 寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
聖カタリナ学園vs小松【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs鳴門【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
エース・代木が29イニング連続無失点中の明徳義塾など四国4強が激突!1日に頂点決まる 【ニュース - 高校野球関連】
小松vs藤井学園寒川【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
佼成学園vs都立小松川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
最速151キロ右腕・森木 大智(高知2年) 連投準備整え四国大会に挑む! 【ニュース - 高校野球関連】
聖カタリナ学園vs小松【愛媛県 2020年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第262回 強豪・鳴門渦潮(徳島)にいる、ドラフト候補投手トリオ!ともに信頼、切磋琢磨で夏の成就へ!【ドラフト特集コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
小松 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】
第73回 秋季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る