専大松戸が県勢で唯一4強入り!エース・深沢 鳳介が2戦連続完封!


 柏の葉公園野球場の第二試合、専大松戸(千葉3位)と鎌倉学園(神奈川2位)との準々決勝は専大松戸が6対0の快勝で選抜当確を決めた。

 この試合も専大松戸のエース・深沢 鳳介がテンポ良く鎌倉学園打線を打ち取り9回111球、無四球無失点の好投を見せた。深沢はこれで初戦の鹿島学園戦に続き2戦連続完封となった。

 打線は3回に二死満塁の好機に4番・吉岡 道泰が一塁への内野安打を放ち2点を先制。続く5番・山口 颯大も右前を放ち連続適時打で3対0とした。

 7回にも3番・黒須 堅心の適時打などで手堅く3点を追加し、6対0の完勝で準々決勝進出を果たした。

 この日、木更津総合常総学院に敗れ開催地の県勢では唯一の4強入りとなった専大松戸。開催地枠の3位校として出場を決めたこの関東大会で下克上となるか。悲願の優勝まであと2つとした。

(文・=編集部)