健大高崎が完勝。大会連覇まであと2勝


 1位校同士の対決となった準々決勝、健大高崎國學院栃木との試合は、健大高崎が8回コールドの8対1で勝利し、昨秋王者の貫禄をみせた。

 先制の好機を作ったのは國學院栃木だった。3回裏、この回先頭の8番・加藤 染が右前で出塁すると9番・伊東の送りバント、2番・樋口が中前で繋ぎ、二死一、三塁とするも後続がたたれ、得点に結びつけることができなかった。

 その直後の4回表に健大高崎は、一死三塁から8番・綱川 真之佑の三ゴロの間に三走が生還し1点を先制。その後得点を重ね4対0で迎えた8回には3番 ・櫻井 歩夢の3点適時三塁打などで4点を奪い、試合を決めた。

 國學院栃木健大高崎の投手陣・野中 駿哉中野 颯太髙松 将斗の3投手を前に6安打1得点と得点に結びつつことはができなかった。

 これで健大高崎は大会連覇まであと2勝とした。

(文・=編集部)