國学院栃木が辛勝 東京学館は7回に反撃も一歩及ばす


 ZOZOマリンスタジアムの第二試合では國學院栃木(栃木1位)と東京学館(千葉2位)が対戦。國學院栃木が東京学館の猛攻を振り切り、6対5で勝利し接戦を制した。

 試合は序盤、國學院栃木のペースで進む。初回、5番・関 凜斗の適時打で先制に成功すると、3回には4番・最上 太陽の2点適時三塁打などで3点、5回にも6番・森田 凜の適時打で1点を奪い、5対0とし試合は終盤へ進む。

しかし7回、東京学館が反撃に転ずる。5番・細越 陸の2点適時打など5安打5点の猛攻でを挙げ同点に。だがその裏、國學院栃木は7番・海老原 大介の犠飛で勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切り6対5で勝利した。接戦を制した國學院栃木は次戦、健大高崎との2回戦に挑む。

(文・=編集部)