健大高崎が日本航空に快勝!連覇に向け好発進


 ZOZOマリンスタジアムの開幕試合、群馬1位の健大高崎と山梨2位の日本航空との1回戦は、健大高崎が終始主導権を握り6対1で勝利した。

 健大高崎は3回、一死二、三塁の好機で3番・櫻井 歩夢がレフトへ適時打を放ち先制に成功する。続く4番・小澤 周平も左犠飛でこの回に2点を奪った。

 4回には8番・綱川 真之佑に2ランが飛び出し4対0とし、8回にも2点を追加して日本航空を大きく突き放した。

 追いつきたい日本航空は最終回に8番・三浦 駿の二ゴロの間に1点を返すも後続が絶たれ、健大高崎が6対1で完勝した。

 健大高崎野中 駿哉中野 颯太金子 茉由髙松 将斗の4人の投手陣の継投リレーで日本航空打線を8安打1失点と要所を締める投球で試合をものにした。野手陣も12安打無失策と投打が噛み合い関東連覇に向け好スタートを切った。

(文・=編集部)